愛くるしく綺麗なカワセミ達

このブログはBORG望遠鏡レンズ(デジBORG)等で撮影したカワセミ画像が主で時々ヤマセミや野鳥の写真で飾ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蓮カワセミを再度狙ってみたが今日も既に遅しで残念!  7月30日(土)

再度狙った蓮カワセミは10分遅かった       (BORG89ED直焦点撮影)

ブログの更新が途絶えていましたが、所用が重なり撮った画像の編集もできずアップ出来ませんでした。
先週蓮蕾カワセミが撮れたので今週も狙ってみましたが、私にとっては早すぎる5時半過ぎに池に到着した
のですが既に時遅しだったようです。5分前に飛来し蕾に止まったそうで毎週早くなっている感じです。
その後は冷やかし程度にカワセミは飛来するのですが今日は残念賞でした。
仕方なくカワセミを待つ間は飛んでくるものにレンズを向けてトンボや野鳥を撮影しました。


撮影機材:BORG89ED+M75絞り+80φドロチューブ+LMF-1+回転装置+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

【10m先に止まったトンボの画像です】
IMGP6347cc_20160812091008349.jpg

IMGP6350cc_20160812091011c7e.jpg

IMGP6357cc_20160812091012431.jpg


【残念ながら蓮の花には止まってくれません】
IMGP6360cb_201608120910131cb.jpg

IMGP6365cb.jpg

IMGP6366cb_201608120911174b1.jpg

IMGP6367cb_20160812091118246.jpg

IMGP6368cb_2016081209112089b.jpg


【無情にも蓮の花は綺麗に咲いて見頃で・・・来年はこんな花にカワセミが止まって欲しいです】
IMGP6345cc_20160812091159685.jpg

IMGP6344cc_20160812091155f0f.jpg

IMGP6339cc_201608120911534c4.jpg

IMGP6338cc_20160812091152156.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/11(木) 18:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「河津桜と伊豆半島5つの花めぐり」 バスツアーに行きましたが満開を過ぎ・・・少し残念

数日前の突風が皮肉にも花を散らしたようで満開時期を過ぎていた

3月2日か河津桜を堪能するら一泊バスツアーで伊豆半島へ行ってきました。自分の車で行くのも選択肢として
ありましたが、上げ膳据え膳は何も考えずに渋滞は寝ていれば解消できるし、何処へ止めて何処で何を食べる
ことも決めずに旅行できるのも偶には楽しいものです。
今回は1日目に函南桜と修善寺梅林を見て小室山の眺望を楽しみ赤沢温泉で止まり、次の日の午前中は目的
の河津で早咲き桜を堪能?して下田近くの下賀茂の桜を見物し、その後田牛(Taji)海水浴場傍にある竜宮窟
(自然が作った神秘のハート型に見える洞窟)を見て戻って来ました。
河津の桜にはメジロが飛来していましたが、傍でウグイスが鳴いていたので注視していると桜の花の蜜を狙って
止まってくれました。レンズが18-200mmなので限度はありますが撮影をしましたのでご覧ください。


撮影機材:Nikon18-200mm VR ED+Nikon D300s
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

【函南 かんなみ桜と富士山鑑賞でしたが富士山は雲に隠れ見えず 残念!】
DSC_8722cc.jpg
川の堤防下土手に15年前に河津桜が植えられたそうです。

DSC_8723cc.jpg
両岸の土手下なので樹木も若く背が低いので川から見ると寂しいです。

DSC_8724cd.jpg
右側が川になります。本来なら富士山が写るはずなんですが残念!。


【修善寺の梅園】
DSC_8731cd.jpg
梅園は既に花が終わっていて入口へ向かう階段横にあった白、桃色、赤の三色が1本で咲いていました。


【小室山頂上から富士山が見えました】
DSC_8732cc.jpg
小室山は椿園とツツジ園が有名ですが、時間の関係で眺望を選びました。その後赤沢温泉い一泊しました。


【本家河津町の河津桜】
DSC_8740cc.jpg
朝一番で行かないと人手が凄いそうでとの事でしたが、既に観光バスは一杯で中国や東南アジアの方が沢山いました。

DSC_8742cd.jpg
まだ散らずに頑張っている木もありました。

DSC_8798cd.jpg
峰温泉 大噴湯公園にある噴出ガス圧力調整用の噴湯で定期的に弁を開け温水を噴き上げます。


【河津桜にいたメジロ】
DSC_8744cc.jpg

DSC_8747cc.jpg

DSC_8749cc.jpg


【河津桜にいたウグイス】
DSC_8791cc.jpg

DSC_8786cc.jpg

DSC_8765cc.jpg

DSC_8772cc.jpg


【下賀茂の南伊豆桜】
DSC_8807cd.jpg
残念ながら既に散って愕と青葉が目立っていました。2~3週間前が見頃だったようです。


【田牛(Taji)海水浴場傍にある竜宮窟】
DSC_8810cd.jpg
階段を下りていくと洞窟からこんな風景が見えます。

DSC_8818cd.jpg
海岸方向には波の浸食で空いた穴から遠方の島が2つ見えます。

DSC_8820cd.jpg
階段を山側に上っていくと洞窟が見え、その恰好がハート型です。宮崎駿監督の「紅の豚」のシーンのモデルだそうです。

DSC_8822cd.jpg
山側を歩いているとサウンドスキー場が見え海側はこんな景色も見える場所ですがあまり知られていない場所のようです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/05(土) 06:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BORG71FLでカワセミの秋色止まり物とオナガを撮影

秋色の染まったカワセミとM池の傍にいたオナガ      (BORG71FL直焦点撮影)

今年は紅葉カワセミが撮れず終いかなと諦めていましたがM池に行くと桜枝に少し残った紅葉した葉が残って
いました。この辺りは時々止まるよと撮影仲間から聞いていたので期待して待っていると何と雌カワセミが止ま
っていました。早速「みいたんフック」を金網に引っ掛け撮影しました。その後川へ行くと3~5mの距離で撮影が
出来たのでカワセミの止まり物をアップします。そしてM池の傍にはオナガが沢山いたので撮影をしました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1798cc.jpg

IMGP1805cc.jpg

IMGP1808cc_20151209214824c5d.jpg

IMGP1811cc_20151209214825fe8.jpg

IMGP1821cc_20151209214827a13.jpg

IMGP1907cc.jpg

IMGP1912cc_201512092149141bc.jpg

IMGP1917cc.jpg

IMGP1929cc_20151209214917a2e.jpg

IMGP2020cc_20151209214918289.jpg

IMGP2031cc.jpg

IMGP2241cc.jpg

IMGP2247cc_201512092149598a2.jpg

IMGP2289cc.jpg

IMGP2378cc.jpg

IMGP2392cc.jpg

IMGP2395cc.jpg

IMGP2410cc.jpg


【オナガ】
IMGP1832cc_20151211152118725.jpg

IMGP1834cc.jpg

IMGP1837cc.jpg

IMGP1838cc_20151211152119c3b.jpg

IMGP1844cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/19(土) 06:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ更新休止します

故あってブログの更新休止します。

今まで定期的にカワセミ写真をご覧いただいてきましたが
故あってブログの更新を短い期間ですが休止いたします。

                            Scarlet

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/27(火) 12:00:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

礼文島で見つけた花・・・さすが花は礼文を実感した  2015年8月25日(火)

花礼文と言うだけに高山植物が海岸から咲いている貴重な島

「花の浮島」との異名を持つ礼文島では本州で2000m級の山岳地帯でないと見れない希少な高山植物が海抜0m
から見れるまさに高山植物の花の楽園だそうです。
花の種類は300種以上で、5月から9月にかけて一気に咲き乱れるそうです。今回は観光コースで見つけた花を
アップしますが、残念ながら花の名前は分からないのでご容赦下さい。

撮影機材:Nikon18-200 VR ED+Nikon D300S
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
DSC_6932cc.jpg
エゾオグルマです。

DSC_6940cc.jpg

DSC_6941cc.jpg

DSC_6942cc.jpg

DSC_6944cc.jpg
レブンソウです。

DSC_6946cc.jpg

DSC_6955cc.jpg

DSC_6979cc.jpg

DSC_6980cc.jpg

DSC_6983cc.jpg

DSC_6999cc.jpg

DSC_7008cc.jpg

DSC_7010cc.jpg

DSC_7021cc.jpg
タカネスギカズラです。

DSC_7010cc_201508311722353d0.jpg

DSC_7018cc_2015083117223609f.jpg

DSC_7022cc.jpg

DSC_7026cc.jpg

DSC_7042cc.jpg

DSC_7044cc.jpg

DSC_7050cc.jpg

DSC_7064cc.jpg

DSC_7070cc.jpg

DSC_7071cc.jpg

DSC_6987cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/03(木) 12:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

礼文島から見た利尻富士と礼文の風景     2015年8月25日(火)

礼文島は山が低く所々で利尻富士が見える

礼文島は高い山がなく場所によって利尻富士が島の山のように見えるのが特徴です。利尻島は島の周りに
周遊道路があり車を使えば1時間で一周出来ますが、礼文島は西側が断崖絶壁で道路は南北に1本あり
西側の道路は一般車両が通れない遊歩道しかないようです。
礼文島から見た利尻富士を中心に撮影した画像をアップします。


撮影機材:Nikon18-200 VR ED+Nikon D300S
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
DSC_6906cc_2015083116584596c.jpg
朝フェリーで利尻島鴛泊フェリーターミナルから出航した船上から利尻富士とべジ岬方向を撮影しました。

DSC_6910cc.jpg
礼文島が見えてきました。

DSC_6916cc.jpg
桃岩展望台から海に浮かぶ猫岩を撮影しました。

DSC_6917cc.jpg
左に見える岩が桃岩と呼ばれていますが、私にはお○○いに見えます。

DSC_6918cc.jpg
岸壁にアイロンのような岩が見えますが地蔵岩です。

DSC_6922cc.jpg
桃岩展望台から見た綺麗な海と猫岩です。

DSC_6924cc.jpg
こんな綺麗な海で育つ昆布だから美味しいのでしょうね。船は昆布漁です。

DSC_6930cc.jpg
猫岩のアップですがガイドさんはトトロに見えることもあると冗談を言って笑わせました。

DSC_6970cc.jpg
澄海岬から望む風景で暫し目を奪われてしまいました。

DSC_6974cc.jpg
港の入江ですが堤防にある壁は風よけのために設置してあるそうです。

DSC_6990cc.jpg
スコトン岬から見た利尻富士です。礼文島の一部に見えるほど、今日は晴れ渡っています。

DSC_7037cc.jpg
無人のトド島が左側に見える島です。

DSC_7038cc.jpg
スコトン(須古頓)岬からはいろんな形で利尻富士が顔を出します。

DSC_7041cc.jpg
岬から駐車場に戻る途中の風景です。

DSC_7080cc.jpg
宿泊した「花れぶん」から夕方撮影した利尻富士です。

DSC_7356cc.jpg
香深港から翌日稚内へ戻るフェリー船上から利尻島と礼文島を撮影しました。今回は天気に恵まれ楽しい
旅になりましたが、礼文島は5月末から6月頃にもう一度来てみたいと思いました。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/02(水) 06:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

利尻島で見つけた花です。       2015年8月24日(月)

利尻島の花は利尻山に登らないと見れず海岸付近は少ないようだ

利尻島は北緯45度という高緯度に位置しているため、本州では標高2,000m付近でしか見られない高山植物が
平地で見ることができます。利尻山は標高1721mの山で礼文岳は490mです。両島の植物分布に違いがある
のは火山島である利尻島と地殻変動によって隆起した礼文島の島の生成が大きく関わっているそうです。
ちなみに離島であるため生息する動物も限られネズミ、シマリスやイタチしかおらず、ヒグマやキタキツネも居ない
しヘビなどのハ虫類は全く生息していないそうです。
花の写真を撮りましたが殆ど知識がなく花の名前はわかりませんのでご容赦ねがいます。


撮影機材:Nikon18-200 VR ED+Nikon D300S
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
DSC_6724cc_201508311637114e5.jpg

DSC_6725cc.jpg

DSC_6727cc.jpg

DSC_6738cc.jpg

DSC_6741cc_20150831163711b68.jpg

DSC_6799cc.jpg

DSC_6801cc.jpg

DSC_6804cc.jpg

DSC_6806cc.jpg

DSC_6810cc.jpg
ハマナスの花とその実です。

DSC_6823cc.jpg
リシリヒナゲシです。

DSC_6843cc.jpg

DSC_6849cc.jpg

DSC_6861cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/01(火) 05:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

利尻島・礼文島に行ってきました。(利尻島の風景)     2015年8月23~26日

利尻島2泊・礼文島1泊で花と景色を堪能してきました。

前回の北海道旅行で函館~札幌を旅行した時にガイドさんがこのバスは稚内の会社で冬の出稼ぎで来て
いると案内があり利尻島・礼文島の良さもPRしてくれたのが切っ掛けで一度は行ってみたいと思い計画しま
した。この歳になるとツアーに乗った方が楽なので稚内直行便、利尻島と礼文島の温泉に泊まりたいと言う
条件で探し行ってきました。高山植物の宝庫だと聞いていましたが旬は5月末から6月だそうで心配しました
がまだ遅咲きの花が咲いていました。利尻島・礼文島は国立公園なので花類は採ることが禁止されていて
貴重な高山植物が守られているそうです。


撮影機材:Nikon18-200 VR ED+Nikon D300S
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
DSC_6883cc.jpg
稚内からフェリーに乗って1時間40分で利尻島鴛泊港に到着します。立派な船着き場があり驚きました。

DSC_6882cc.jpg
べジ岬にある宿泊したホテルです。

DSC_6745cc.jpg
姫沼から見た利尻富士ですが8月は前日まで頂上が見えたことが無かったそうでラッキーです。

DSC_6750cc.jpg
姫沼の遊歩道を一周しながら撮影しましたが道が狭く撮影しているとツアーガイドさんに追い立てられる状態です。

DSC_6762cc.jpg
オタトマリ沼の周りも一周しましたがだんだん雲が少なくなってきました。

DSC_6772cc.jpg
仙法志御崎公園から見た利尻富士です。

DSC_6782cc.jpg
仙法志御崎公園の他の場所からアングルを変えて撮影した画像です。

DSC_6785cc.jpg
この画像も仙法志御崎公園から撮影しました。

DSC_6797cc.jpg
沓形岬公園から見た利尻富士です。

DSC_6829cc.jpg
利尻山見返台公園から見た利尻富士です。

DSC_6833cc.jpg
利尻山見返台公園からアングルを変えて撮影しました。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/31(月) 06:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交尾は秘め事なのでこの位隠れているのも絵になる? 2015年4月30日(木)

交尾は給餌に比べ雌に焦点を合わせれば撮影ができる (BORG71FL直焦点撮影)

ここの雌カワセミは交尾が始まる前に雌が後ろを向いて雄を呼ぶ格好をするので傍に餌を咥えず雄カワセミが
飛来して止まり、雌がポーズを取って雄が飛び出したらシャッターを連写すれば撮影が出来ます。
何回も交尾を繰り返すのは有精卵にする確率を上げるための自然の摂理なのかも知れません。今日も4回
交尾を撮影しましたが不安定な格好の雌に足場が安定せずに飛び去る状況が撮影出来ましたのでまずは
そのシーンを連写でアップします。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP9678cc_20150508145328a9f.jpg
この雌カワセミは傍に雄カワセミが来てこういう格好をすると交尾のサインのようです。

IMGP9679cc.jpg
さっそく雄カワセミが背中の方に回って飛来しきました。

IMGP9680cc_20150508145327222.jpg
片足だけが背中について不安定な格好です。

IMGP9681cc.jpg
まだ左足が浮いています。

IMGP9682cc.jpg
羽を羽ばたかせています。

IMGP9683cc_20150508145325254.jpg
不安定な場所に右足をつけたようで雄カワセミが焦っているように見えます。

IMGP9684cc_2015050814571379a.jpg
羽を広げて羽ばたき片足だけで背中に乗っているようです。

IMGP9685cc.jpg
格好よく羽ばたいていますがなかなか背中に安定に乗ることが出来ません。

IMGP9686cc.jpg
やっと足が背中に乗せることが出来たようです。

IMGP9699cc.jpg
雌の向きが変わってしまいました。

IMGP9701cc.jpg
雌が姿勢を変えて上を向いたので不安定になりました。雌が嫌気をさしてしまったようです。

IMGP9702cc.jpg
雌が背中をあげてしまい雄は止まっていられなくなりました。

IMGP9703cc.jpg
雄は右へ飛び出す姿勢を取り始めました。

IMGP9704cc.jpg
雄は右方向へ飛び出しました。

IMGP9705cc.jpg
どうも交尾失敗の巻のようです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/08(金) 18:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2週目の写真展示会は雨で土曜日だけ開催   2015年4月4日(土)

朝雨で心配したが写真展は一日中開催できた       (BORG71FL直焦点撮影)

今日は朝から雨で途中少し曇りの時間があるのですが一日中ぐずついた天気のようで早々と写真展中止の
決定です。カワセミ撮影なら1時間だけ撮影して戻るなんて言う事も簡単ですが14枚の写真を雨が降る毎に
撤収や養生をして対応するのは大変です。と言うわけで今年は4日のうち2日半しか展示が出来ませんでした。
桜が咲く時期は例年天気が不安定で気温も10度以上乱降下するので「野外写真展示会」には不向きなのか
も知れません。まあ「花曇り」なんて言う言葉もあるくらいで仕方がありませんね。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP6346cb_20150405121436bce.jpg
桜は満開を過ぎて散り始めています。

IMGP6343cb_20150405121434659.jpg
昨年第一回開催も雨に悩まされましたが今年も同様でした。

IMGP6323cd.jpg
今回は先週に比べ雨対策用にダイソー製シャワーカーテンを金網バックに張って雨が来たら前に垂らす
事で雨対策と金網から透けてバックの風景が見えないようにしたらと「みいたん」から教わり実行しました。
今回は野鳥の写真を1枚減らしカワセミ写真12枚を展示しましたがカワセミファーンからは概ね好評でした。

IMGP6326cb.jpg
他の方もこんな感じでて展示してお客さんも天気の割には多かったようです。

IMGP6327cb.jpg
下流の反対側から撮影しました。

IMGP6342cb_201504051230173dc.jpg
釣り堀池には花筏状態で散り始めの桜も風情がありますが曇天がいただけません。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/05(日) 12:03:00|
  2. カワセミ以外の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

scarlet

Author:scarlet
愛犬スカーレット(享年17歳)
カワセミ撮影にも助手席に乗り
お供してくれた良き相棒でした。
2012年4月18日永眠

レンズ
BORG
71FL・67FL・55FL・77EDⅡ・45EDⅡ
Nikon
105mm VR Micro f:2.8
18-200mm ED VR f:3.5-5.6
70-200mm ED VR f:2.8
300mm F:2.8D

レジューサー・フラットナー・テレコン
Nikon   TC-16A改造
         TC-14EⅡ
       TC-17EⅡ
        TC-20EⅡ
PENTAX  1.7XF-AFアダプタ-
REAR CONVERTER-A 1.4X-S
自作テレコン(TC-14Bレンズ流用)
BORG   0.7X (7870)
         0.78X(7878)
        1.08X(7018)
        1.04X(7784)
       1.4X (7014)
OASIS-35mmREDUCER DX 0.8X

カメラ
Nikon D300S
PENTAX K-5 K-3 
OLYMPUS E-PL1

Blog開始   2011年7月13日
カワセミ撮影開始2009年11月2日 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カワセミ全般 (355)
カワセミ雛・幼鳥全般 (361)
カワセミ飛翔他 (591)
躍動的なカワセミ達 (212)
カワセミホバリング (186)
カワセミ水浴(杭も含む) (176)
カワセミ餌を捕獲(飛翔含む) (63)
カワセミバトル(睨合い含む) (62)
カワセミ求愛給餌(給餌含む) (60)
カワセミアップや止まりもの (70)
カワセミ雛への給餌(子育て) (50)
カワセミペリット吐き (25)
雛・幼鳥の水浴や飛翔 (33)
カワセミ交尾 (30)
カワセミ食事中 (19)
雛祭り(親カワセミと雛集合) (17)
カワセミ飛込み枝戻りシーン (15)
カワセミ巣穴の出入り (16)
カワセミ生態パターン (6)
カワセミストレッチ体操 (2)
仲間が撮影した画像 (3)
撮影機材 (20)
引き伸ばしレンズ (2)
BORGアクロマートAF試写画像 (3)
BORGアクロマート改造(玉抜き) (7)
BORGAF化(テレコンAF) (5)
NikonTC-16A改造とEV値 (1)
ヤマセミ全般 (53)
野鳥全般 (120)
カワセミ以外の話題 (27)

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


いつもの川より

カワセミの夫婦日記

カワセミハイスピード

スナフキンのように

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。