愛くるしく綺麗なカワセミ達

このブログはBORG望遠鏡レンズ(デジBORG)等で撮影したカワセミ画像が主で時々ヤマセミや野鳥の写真で飾ります。

大きな魚を嘴に咥え枝に叩きつけ捌くカワセミ   12月30日(金)

大きな魚もあっという間に完食するカワセミの胃袋は凄い (BORG71FL直焦点撮影)

手持ち撮影と言ってもレンズの鏡筒を柵に載せて撮影する方法でも高解像度画像の撮影は可能です。
AFレンズの撮影と違いBORGの場合はフォーカスが甘いのは自分の腕が悪いと機材のせいには出
来ないのも、マニュアルフォーカス、マニュアル絞りを使った撮影の醍醐味かも知れません。
日頃素早くフォーカスを合す操作に心掛けているとけっこう瞬時にフォーカスが合うようになってきます。
こういう画像撮影の延長線上に飛翔の撮影があると思えば楽しいものです。
高解像度の画像を狙う場合はなるべくテレコン等を使わない方が撮影が楽になるようです。
ところでカワセミの胃袋ってこんな大きな魚を呑み込める折り返し出来るような構造なんでしょうか。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP7618cd.jpg

IMGP7619cd.jpg

IMGP7624cd.jpg

IMGP7640cd.jpg

IMGP7643cd_20170111152147ef3.jpg

IMGP7649cd.jpg

IMGP7651cd.jpg

IMGP7657cd.jpg

IMGP7658cd.jpg

IMGP7665cd.jpg

IMGP7667cd.jpg

IMGP7668cd.jpg

IMGP7669cd.jpg

IMGP7671cd.jpg

IMGP7666cd.jpg

IMGP7682cd.jpg

IMGP7685cd.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/26(木) 06:03:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな大きな魚を捌いて短時間で食べたのには驚いた     2月27日(土)

久しぶりに大きな魚を獲って入念に捌きあっという間に飲み込む (BORG71FL直焦点撮影)

最近は小さな魚を数多く食べてくれるので、飛込み飛出し枝に戻る画像を撮るチャンスが多く私的には好都合ですが
カワセミは空腹を満たす労力を使い体力を消耗します。今日は大きな魚を捕まえアッと言う間に飲み込みました。
こういう時はそおっと行動すれば逃げないのでアップを撮ったり前側に移動したりと余裕をもって撮影が出来ました。
しかし、食べ終わってもこういう時は30分以上同じ場所で休憩タイムに入るので飛び物狙いは終了です。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP5013cc_201603151035185b4.jpg

IMGP5019cc.jpg

IMGP5025cc.jpg

IMGP5028cc_20160315103521b7b.jpg

IMGP5034cc.jpg

IMGP5036cc_20160315103648b2e.jpg

IMGP5041cc.jpg

IMGP5042cc.jpg

IMGP5046cc.jpg

IMGP5055cc.jpg

IMGP5056cc.jpg

IMGP5079cc_20160315103804202.jpg

IMGP5082cc.jpg

IMGP5085cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/25(金) 06:03:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワセミ食事中と魚咥え護岸に戻る姿      2014年2月16日(日)

大きな魚を捌くカワセミと餌咥え護岸へ戻る姿         (BORG71FL直焦点撮影)

大きな魚を獲って安定した枝に運び魚を捌いていましたが時々野鳥が傍を通過するのに驚いて場所を移動しました。
5か所位移動して最後は黄色いステップに捌きだしましたがまたまた他の野鳥に驚いて運びながら水面に突っ込み
魚は川の真ん中で落としてしまいました。
上流の橋の傍では風が強く枝が揺れるので護岸に移動し魚を咥えて戻ってくる画像が撮影できました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP8993cb.jpg
運がよく魚を咥えて枝に止まる瞬間のシーンが撮影出来ました。

IMGP8994cb_20140217163915f41.jpg
こんな大きな魚、どうするのでしょう。

IMGP8997cb_20140217163914409.jpg
さあどうしようかなというような感じです。

IMGP9015cb_20140217163914678.jpg
枝に叩き付けるには少し細すぎます。場所を変えようかな。

IMGP9021cb.jpg
この場所なら安心して捌けるかな。

IMGP9022cb_20140217164100fb3.jpg
どっこいしょ。大きすぎて顔が見えない。

IMGP9023cb_2014021716405957b.jpg
ちょっと魚が大きすぎて身体が振られてしまいそう。この場所も他の野鳥に驚いて飛び去りました。

IMGP9031cb_2014021716405831a.jpg
ここが一番安定している。さあ捌くぞ!。

IMGP9032cb_20140217164058cbc.jpg
ISO感度を下げて撮影すると動きに対応できません。

IMGP9035ca.jpg
この場所も他の野鳥に驚いて移動しながら水面に飛込み緊急避難し魚を落としてしまいました。


IMGP8807ca.jpg
魚を咥えて枝に戻る飛翔です。

IMGP8808ca.jpg
ちょっとフォーカスが甘くなりましたが飛翔の形が格好が良いのでアップします。

IMGP9194cb_201402171642099f9.jpg
護岸に魚を咥えて戻るシーンです。

IMGP9195cb_2014021716420953e.jpg
急旋回して上昇しています。

IMGP9196cb.jpg
同じような飛翔姿です。

IMGP9197cb.jpg
ゆっくり上昇しています。

IMGP9198cb.jpg
珍しい姿で飛翔しています。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/18(火) 06:33:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

上流のカワセミが気になり1.5Km歩き会ってきた 2014年2月10日(月)

上流のカワセミは常置場所が川上へシフト              (BORG67FL直焦点)

今日は平日で撮影仲間も少なくMFのカワセミを見失ってしまったので最近Saku橋付近を常置場所にしている
テトラ君を追いかけてIshiさんの奥さんと向かいました。橋下流の手すりに止まっているのを発見し撮影開始する
と直ぐに川へ飛込み大きな魚を咥えて柳の枝に飛んでいきました。大きな魚を枝に叩き付け10分位かけて捌い
てから一騎に飲み込みました。いつもの経験から10分~30分待てばその後水浴びをする筈なので待っていると
5分位静かにしていたカワセミは橋をくぐって上流の左岸の低い枝にとまりました。必ず水浴びをすると確信して
いたので走って追いつくとその直後から水浴びが始まりました。
そのシーンは次のブログで掲載する事にしてここでは大きな魚を食べる姿をアップします。


撮影機材:BORG67FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP7449cb.jpg

IMGP7453cc.jpg

IMGP7455cc.jpg

IMGP7475cb.jpg

IMGP7476cc.jpg

IMGP7518cc.jpg

IMGP7527cc_20140213152433888.jpg

IMGP7539cc.jpg

IMGP7545cc.jpg

IMGP7546cc.jpg

IMGP7548cc.jpg

IMGP7549cc.jpg

IMGP7551cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/14(金) 06:33:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カワセミが大きな餌を食べる姿     2013年11月9日(土)

カワセミが自分の背丈もある大きな魚を飲み込む (BORG71FLマニュアルフォーカス撮影)

カワセミが背丈もあるような大きな魚を捕まえて食べるシーンに遭遇しました。大きな魚なので孤軍奮闘して
食べると思いましたがいとも簡単に飲み込んでしまいました。どの位の魚までは食べられるのか、何処に
収まるのか、消化液はどんなものなのか疑問は多いのですが不思議なカワセミの生態です。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2886cc.jpg
大きな魚を捕まえました。

IMGP2882cc.jpg
嘴にはウロコが付着して白くなっています。

IMGP2892cb_20131114132219460.jpg
私のレンズに落ち着かないのか対岸に移動しました。魚の大きさがわかるシーンです。

IMGP2894cb_2013111413221845e.jpg
何回も咥えなおして枝に叩きつけてから飲み込みだしました。

IMGP2895cb_20131114132218ef7.jpg
奥まで大きな魚を飲み込むために姿勢が真っ直ぐになってきました。

IMGP2898cb.jpg
このあたりが頑張りどころで一生懸命背を伸ばしたり口を動かして送り込んでいます。

IMGP2901cb.jpg
ここからが大きすぎて一騎に飲み込めないのか苦労しています。

IMGP2902cb.jpg
やっと尻尾が見えなくなってきましたがけっこう苦しそうな感じです。

IMGP2904cb_20131114132342d21.jpg
まだ完全に飲み込めず嘴をパクパクと開けて胃の中へ送り込んでいます。

IMGP2910cb_201311141323414b8.jpg
うううっと背伸びしながら魚を胃の中へ収めています。

IMGP2919cb_20131114132341fa9.jpg
何とか飲み込めたようですがその後消化するために上流の枝頭の安全な場所へ移動していきました。


【ザリガニを捕まえました】
IMGP2787cb.jpg
ザリガニを捕まえまてこうして枝にぶつけて頭等を外して食べます。

IMGP2790cb_20131114132415aaf.jpg
ザリガニ類は徹底的に叩きつけて頭の殻やはさみを外してから食べるので綺麗なすがただけアップします。

IMGP2793cb_20131114132340eeb.jpg
もう少しすると枝に叩きつけて裁きます。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/15(金) 06:03:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カワセミホバ君杭から捕食中    2013年3月30日(土)

ホバ君が杭から飛び込み小さな獲物をゲット          (BORG71FL直焦点撮影)

最近は杭にカワセミが止まると水浴びか捕食するため飛び込むことを期待してじっとファインダーを覗きながら
指はシャッターレリーズ釦を半押しして息を殺して待ちます。ここまで離れて撮影する場合は戻る位置を想定し
て杭の位置を画面端寄りに持っていけばすべての工程が写真に収められます。そして飛び込んだ瞬間にシャ
ッターを連写モードで押し続けると連続シーンが撮影出来ます。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1935cb.jpg
どんなに頑張っても飛び込んだ瞬間を見てシャッターを押すので飛び込みシーンは1枚撮れれば良い方です。

IMGP1937cb_20130402225031.jpg
飛び込んだ直後はカワセミが水面に潜り波紋だけなので省略し飛び出した瞬間のシーンがこれです。

IMGP1938cb.jpg
何処か違う場所へ獲物を咥えて移動するようです。

IMGP1939cb.jpg
どうも気が変わったようで杭に戻るようで急旋回中です。

IMGP1940cb.jpg
杭の上に戻ることにしたようです。

IMGP1941cba.jpg
止まる寸前の恰好でスピードを落として着地する準備段階の恰好です。

IMGP1941cb.jpg
もう少し狭い範囲でトリミングしてカワセミを大きく見せるようにしました。

IMGP1942cba.jpg
杭へ着地しました。

IMGP1943cb.jpg
小さな獲物を咥えています。この獲物では一飲みで終わってしまいそうです。




にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/04(木) 06:03:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワセミⅠK君?ザリガニ食事中  2013年3月10日(日)

IK君?がザリガニを獲って食事中                   (BORG71FL直焦点撮影)

MFでIK君を探し右往左往しているとKyuTak橋傍でザリガニを獲ってステップに止まり食事タイムです。
早速横から離れて覗き込み確認してもらいました。少しずつ近づいて食事の様子を撮らせてもらいました。
嘴に挟んで身体全身を使ってステップに叩きつけ頭の部分を飛ばしてから飲み込みます。尾っぽの部分が
引っかからないかと心配しましたが3分弱の時間で完食してしまいました。

IK君と勝手に判断して書いてしまいましたが3419~3427の写真の下嘴を見ると正しく赤く雌のカワセミ
のようにも見えます。私は個体識別が苦手と書いていますが雄・雌の区別もおぼつかなくなってきました。
まあこういうシーンを撮らせてくれるんだから個体識別は撮影するものにとって深刻に考えないことにします。


撮影機材:
BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+REAR CONVERTER-A 1.4X-S+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP3396cc.jpg
美味しいザリガニ食べやすいように捌いて料理するぞ

IMGP3398cc.jpg
うまく食べやすいように硬い殻がとれるといいなあ

IMGP3406cc.jpg
硬い頭の殻が外れてうまみ部分が顔を出したぞ

IMGP3408cc.jpg
尾っぽが喉を通るかちょっと試してみよう うまくいきそうだぞ

IMGP3413cc.jpg
よおし一騎に頭から飲み込むぞ

IMGP3419cc_20130313132655.jpg
うわ~ちょっと大きすぎて苦しいよ

IMGP3420cc.jpg
何とか飲み込んだぞ

IMGP3426cb_20130313132754.jpg
やっぱり尾っぽが少し引っかかってしまった

IMGP3427cc.jpg
少し喉を広げて何とか完食

IMGP3435cc.jpg
久しぶりに魚と違って美味しかった


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/14(木) 12:45:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カワセミホバ君の様子    2013年3月3日(日)

ホバ君の今日の献立は川虫中心のようです。         (BORG71FL直焦点撮影)

N川から戻ると先に戻ったM嬢からホバ君と下流の雌カワセミのHifちゃんの枝に並んで鳴き交わしをしていた
話とその写真を拝見しました。春は近いようです。その後のホバ君は上流のSanz橋を越えてM中学校グランド
付近で大きな川エビかザリガニを獲って間食し1時間ほど安全な枝に止まって足がお腹で見えない位にまったり
過ごしていました。その後はSanz橋下流で魚を獲っていましたが上流から蒙スピードでIK君?が飛来して
追いかけられて下流へ引き返しました。今日のホバ君は堅実的な餌捕りで100発百中に近く川虫を専門に
捕獲して食べていました。餌捕りはIK君より数段うまいようです。ホバ君の止まり物をアップします。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1947cc.jpg
大きな獲物を苦労して食べ終わった直後で目の辺りが黒く濡れているのは何故なんでしょうか?。

IMGP1700cb.jpg
ちょっとポーズを取ってお清まし顔です。嘴下の燕尾服の蝶ネクタイ部分の白い毛が綺麗なのが印象的です。

IMGP2025cc.jpg
ちょっと嘴が開いているのは獲物を食べ終わった直後を撮影したので悪しからず。

IMGP2054cc.jpg
障害物が無い背後からでも撮影させてくれます。

IMGP2027cc.jpg
橋の護岸は好きな場所でよく見かけます。私がカワセミの虜になった原点の場所で会えると嬉しい気分です。

IMGP1738cc.jpg
こういう桜の枝伝いに獲物を探して転々と移動します。

IMGP1701cc.jpg
こういう雰囲気の場所でカワセミからは私が丸見えの筈ですが全く逃げず堂々として行動します。

IMGP1930cb.jpg
高い枝木がない通称ホバポイントでは護岸の手すりやこのような枯枝の先を利用して止まります。

IMGP1725cb.jpg
高枝から飛び込み餌が撮れると傍の石上に止まって獲物を食べて枝に戻ります。どうも川虫を獲ったようです。

IMGP1768cb.jpg
このように嘴に挟んだ獲物を身体全体を利用しひねって獲物を石に叩きつけて動かなくしてから飲み込みます。

IMGP1829cc.jpg
喉元を餌が通る瞬間のシーンです。こういう場所で食事を終わると枝に戻るか水浴びするかなので食事が終わると
必ず撮影チャンスがやってくるのでファインダーを眺め、シャッター半押しでチャンスを覗います。撮影では次の
行動パターンを経験から先読みして動きのきっかけを察してシャッターを連写してレンズを振るのが基本です。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/05(火) 12:33:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カワセミⅠK君が魚を飲込む   2013年2月11日(月)

IK君が魚を飲込むシーンです。                     (BORG71FL直焦点撮影)

ⅠK君が少し大きめの魚を捕らえて食事中です。この位の大きさの魚だとあっという間に飲み込んでしまいます。
その様子が連続で撮影出来ましたのでご覧下さい。それにしてもカワセミの胃はどんな構造なんでしょうか。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP8827cb.jpg
食べるのに丁度良い大きさの魚を獲りました。今年のO川は例年い比べて餌が豊富のようです。

IMGP8829cb_20130215113919.jpg
魚を枝に叩きつけて一騎に飲み込みます。

IMGP8830cb.jpg
大きく口を開いて飲み込んでいる珍しい姿も撮影できました。

IMGP8831cb.jpg
尻尾が見えていますがあっという間に飲み込みます。

IMGP8832cb_20130215113919.jpg
何とか全てを飲み込んだ直後のシーンでお腹が大きく脹らんでいるのが判ります。

IMGP8833cb_20130215113918.jpg
ああ美味しかったとでも言いたそうな姿をしています。満腹満腹!。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/14(木) 20:03:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カワセミホバちゃんが大きな魚をゲット  2013年1月6日(日)

大き過ぎて食べられないのではと心配した程です。 (BORG71FL+1.4Xテレコン)

愛称)ホバちゃんは小さな川虫、ヨシノボリ等を良く捕って食べると書来ましたが今日は身体の大きさ
に近いような大きな魚をゲットしました。普段はその場で食べてしまうのですが大きな魚を捕ると頭上
の安全が確保出来る頭上に枝があるような太い枝に止まって魚を枝に何回も叩きつけてから食べます。
こういう場合は時間をかけて食べるので対岸に移動してNikon TC-14Bレンズを使った自作テレコンを
取付けアップで撮影してみました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0923cb.jpg
魚を獲ってこういう場所でゆっくり捌いて食べます。雰囲気を判っていただくためにノートリでF:400mmです。

【対岸に移動して1.4Xテレコンを取付け撮影しました。】
IMGP0938cb.jpg
見るからに大きな魚を咥えています。

IMGP0935cb.jpg
魚を枝に叩きつけて捌いています。枝頭で見える場所を探すのが大変です。

IMGP0945cb.jpg
こんな大きな魚食べられないだろうと周りのカメラマンと話していました。さあどうなるのかな?。

IMGP0949cb_20130109110713.jpg
魚の向きを変えて一騎の飲み込むようです。途中で一度吐き出すのでしょうか。

IMGP0953cb.jpg
想像以上に早く飲み込みだしました。

IMGP0959cb.jpg
ここからが大変なようで相当苦しい表情をしています。窒息しないのか心配です。

IMGP0962cb.jpg
何とか尾ひれがみえるだけになりました。

IMGP0965cb_20130109110827.jpg
少し戻して再度飲み込むようです。

IMGP0966cb.jpg
胸の辺りが段つきになっています。胃の中の構造って相当柔軟なんでしょうね。

IMGP0970cb_20130109110826.jpg
あっと言う間に飲み込んでしまいました。


【Nikon TC-14Bレンズを利用して自作したPENTAX用1.4Xテレコン】
DSC_8621cbz.jpg
今回アップ画像を撮影するのに使ったNikon TC-14Bレンズを外しPENTAX用に改造した自作テレコンです。
BORG純正テレコンはオプションパーツを組合わせて改造しないとワンタッチで取付けられませんがこの改造品はバヨネット
マウントなので簡単に交換可能です。市販純正テレコンは高価ですしKenko製テレコンより性能が良いものを作りたく
古いレンズをネットで探し自作してみました過去のブログに詳しく紹介してありますのでご覧下さい。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/09(水) 20:03:00|
  2. カワセミ食事中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

scarlet

Author:scarlet
愛犬スカーレット(享年17歳)
カワセミ撮影にも助手席に乗り
お供してくれた良き相棒でした。
2012年4月18日永眠

レンズ
BORG
71FL・67FL・55FL・77EDⅡ・45EDⅡ
Nikon
105mm VR Micro f:2.8
18-200mm ED VR f:3.5-5.6
70-200mm ED VR f:2.8
300mm F:2.8D

レジューサー・フラットナー・テレコン
Nikon   TC-16A改造
         TC-14EⅡ
       TC-17EⅡ
        TC-20EⅡ
PENTAX  1.7XF-AFアダプタ-
REAR CONVERTER-A 1.4X-S
自作テレコン(TC-14Bレンズ流用)
BORG   0.7X (7870)
         0.78X(7878)
        1.08X(7018)
        1.04X(7784)
       1.4X (7014)
OASIS-35mmREDUCER DX 0.8X

カメラ
Nikon D300S
PENTAX K-5 K-3 
OLYMPUS E-PL1

Blog開始   2011年7月13日
カワセミ撮影開始2009年11月2日 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カワセミ全般 (355)
カワセミ雛・幼鳥全般 (361)
カワセミ飛翔他 (583)
躍動的なカワセミ達 (211)
カワセミホバリング (186)
カワセミ水浴(杭も含む) (176)
カワセミ餌を捕獲(飛翔含む) (63)
カワセミバトル(睨合い含む) (62)
カワセミ求愛給餌(給餌含む) (60)
カワセミアップや止まりもの (70)
カワセミ雛への給餌(子育て) (49)
カワセミペリット吐き (25)
雛・幼鳥の水浴や飛翔 (33)
カワセミ交尾 (30)
カワセミ食事中 (19)
雛祭り(親カワセミと雛集合) (17)
カワセミ飛込み枝戻りシーン (15)
カワセミ巣穴の出入り (16)
カワセミ生態パターン (6)
カワセミストレッチ体操 (2)
仲間が撮影した画像 (3)
撮影機材 (20)
引き伸ばしレンズ (2)
BORGアクロマートAF試写画像 (3)
BORGアクロマート改造(玉抜き) (7)
BORGAF化(テレコンAF) (5)
NikonTC-16A改造とEV値 (1)
ヤマセミ全般 (53)
野鳥全般 (120)
カワセミ以外の話題 (27)

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


いつもの川より

カワセミの夫婦日記

カワセミハイスピード

スナフキンのように

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR