愛くるしく綺麗なカワセミ達

このブログはBORG望遠鏡レンズ(デジBORG)等で撮影したカワセミ画像が主で時々ヤマセミや野鳥の写真で飾ります。

お互いカワセミは何かを意識しあって並んで止まる  2013年10月20日(日)

バトルの季節に仲良くペアーで傍にとまる (その2)    (BORG71FL直焦点撮影)

今日は2羽のカワセミは時々Taka橋を境に上下流へ別れたり、上流へ連なって飛んで行ったり右往左往の状況で
振り回されてしまいます。結果的にはTaka橋上流堰付近で待っていると定期的に現れるような状況でした。しかし
2羽は時々相手を見つけると傍に飛んで行って接近して止まります。時々鳴き交わしもしますし傍に寄っても背伸び
挨拶のようなバトル独特の姿勢は取りません。こういう状況は下流の体育館前で同じような状況見られるとOchiさん
からお聞きしました。独立心の強いカワセミでも気の合う相手がいるのかも知れません。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0581cc.jpg

IMGP0583cc.jpg

IMGP0584cc.jpg

IMGP0585cc.jpg

IMGP0587cc.jpg

IMGP0588cc.jpg

IMGP0764cb.jpg

IMGP0767cb_20131030165004ae0.jpg

IMGP0808cc.jpg

IMGP0809cb_20131030165003b36.jpg

IMGP0812cb.jpg

IMGP0813cb.jpg

IMGP0815cc.jpg

IMGP0816cc.jpg

IMGP0818cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/31(木) 18:03:00|
  2. 躍動的なカワセミ達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近カワセミ飛翔シーンが撮れないのは?   2013年10月27日(日)

カワセミランデブーは綺麗な飛翔が撮れない          (BORG71FL直焦点撮影)

今日は仲良い2羽の行動に長時間お付き合いして撮影しました。2羽が並んで止まるシーンは撮れるのですが
それに関連するシーンしか撮れません。綺麗な飛翔は餌獲りや移動で枝から枝に移動したり飛び出す時を狙い
撮影することが多い事に気が付きました。テリトリーがそろそろ決まってくればその範囲を餌を探して移動する
時に撮影が可能になるんでしょう。
今日はそういう場面が少なかったので飛翔撮影はあまり撮れません。と言う訳でカワセミが留守の時に傍にいた
アオサギとシラサギを撮影しました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0562cc.jpg

IMGP0564cb.jpg

IMGP0527cb.jpg

IMGP0528cb.jpg

IMGP0536ca.jpg

IMGP0612cb.jpg

IMGP0613cb.jpg

IMGP0614cb.jpg

IMGP0600cb_20131030174158ad2.jpg

IMGP0606cb.jpg

IMGP0520cc.jpg

IMGP0880cb_20131030175000dff.jpg

IMGP0884cc.jpg

IMGP0885cb_20131030174959f22.jpg

IMGP0542cc.jpg

IMGP0538cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/31(木) 06:03:00|
  2. カワセミ飛翔他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独立心が強いカワセミも雌のアタックには弱いのかな 2013年10月20日(日)

バトルの季節に仲良くペアーで枝にとまる (その1)    (BORG71FL直焦点撮影)

今日は待ちに待った久しぶりの台風一過で晴天です。Kennyさんからメールをいただき7時に家を出発し池に
寄るといつものように水が満ちて雌若カワセミがいました。さっそく撮影を始めましたが7時10分にはどうした
ことか川方向へと飛んで行ってしまいました。魚影が少なくなってしまったんでしょうか。
その後川でKennyさんと合流して撮影を開始しました。Taka橋上流からSanz橋までの間に2羽のペアーがバトル
のような鳴き声ではなく柔らかい鳴き声でチーチーと鳴き交わしその声に合わせて雌若カワセミが羽を震わせて
いる状況です。雌が積極的で雄がたじろいたり威嚇のような格好もします。時々30Cm位に接近することもあり
ますが突っ掛るような姿は見えませんが時々雄が大きく口を開けて「あまり傍に来るな」とでも言いたげな姿を
しますがバトルには発展しません。お互い気が合うのか何処かの世界と同じで「雄は雌の言い寄りには寛容」
なのかも知れません。雄はこの場所をテリトリーにしているホバ君のようで雌若カワセミは池にいるカワセミ
のような気がします。この状態がずうっと春まで続くと良いのですが・・・暖かく見守っていきたいですね。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0412cb_20131030160840c4e.jpg
雄カワセミが何かを察して嘴を開けて怒っているようです。

IMGP0413cb_20131030160839e58.jpg
雌カワセミが飛来すると雄は飛び上がりました。

IMGP0414cb_2013103016083953b.jpg
雌も雄も嘴を開けています。

IMGP0415cb_2013103016083881d.jpg
雄カワセミはやっと地面に降りました。

IMGP0416cb.jpg
雌か何か言っているのか羽を広げ嘴を開けています。

IMGP0417cb.jpg
雄カワセミは焦っているのか石の割れ目に足を取られ不安定な状態です。

IMGP0418cb_20131030161008c93.jpg
両者何か言っているのか嘴を開いています。

IMGP0419cb_20131030161007b70.jpg
バトルの場合はこのような接近線で飛来すると壮絶なバトルに発展するのですが不思議な状況です。

IMGP0423cb_20131030161007ad9.jpg
少し落ち着いてきました。

IMGP0424cb_20131030161006254.jpg
雄は上流の方へ移動していきました。

IMGP0426cb.jpg
その後周りを見回してから雌カワセミも後を追って飛び出していきました。



IMGP0453cb_201310301612456d0.jpg
雄カワセミが枝に止まっていると雌カワセミがやってきて止まりました。

IMGP0454cb_20131030161245c86.jpg
数分同じ場所へ止まっていましたが雄が上流へ飛び出す仕草です。

IMGP0455cb_201310301612447d5.jpg
雄カワセミが上流へ飛び出して行きましたがその後雌カワセミも追いかけていきました。
どうもバトルとは様相が違います。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/30(水) 06:03:00|
  2. 躍動的なカワセミ達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに晴れたけど橋の下でのホバは勘弁   2013年10月27日(日)

カワセミホバは嬉しいけど暗い橋下は辛いです。      (BORG71FL直焦点撮影)

Taka橋下の護岸は暗いのですがどう言う訳かこの場所は代々カワセミが好きな場所で護岸の縁石から川面に
ダイブして獲物を捕まえます。しかしこれも代々のカワセミはここからダイブすると飛出し直後に一瞬ホバって
戻ったり数秒ホバって飛び込むことが多いのが特徴です。
今日もそういう行動を期待してレンズを向けるのですが、暗いのでSSを上げるためにEV補正を-側にしてもISO
2500でSSは1/500~1600までしか残念ながら上がりません。カメラの機材がNikon D4やCanon EOS 1DXなら
高感度ISOでも使えて綺麗なシーンが撮れますがPentax K-5ではEV補正で誤魔化すしか方法がありません。
こんな方法で撮影した画像なので暗くザラついた画像ですがホバリングシーンが撮れたことで良しとしましょう。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0726cb.jpg
おっとっと魚を見失ったぞ

IMGP0728ca.jpg
あそこに居た筈なのに・・・

IMGP0729ca.jpg
さあどこへ行ったかな

IMGP0732ca.jpg
こっちへ動いたのかな

IMGP0733ca.jpg
おかしいな隠れちゃった

IMGP0734cb.jpg
それじゃ戻るしかない

IMGP0735ca_201310301536593ba.jpg
さあ戻ろうっと向きを変えて飛び込んだ場所へ戻っていきました。

IMGP0736ca.jpg
それでは着地の準備です。


IMGP0738ca_2013103015365760e.jpg
今度は狙った獲物は逃さないぞ

IMGP0740ca.jpg
さあ行くぞ

IMGP0742ca.jpg
おっとっと又もや魚影を見失ってしまった。

IMGP0743ca.jpg
ここに居た筈なのに・・・・

IMGP0744ca.jpg
こっちへ移動したかな

IMGP0745ca.jpg
やはり見えなくなってしまった。振り出しに戻って再度チャレンジするぞ


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/29(火) 22:06:03|
  2. カワセミホバリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日のカワセミ止まり物      2013年10月27日(日)

池の雌若カワセミは川と行き来している?         (BORG71FL直焦点撮影)

カワセミはテリトリーを守って生活しているので、うまく見つけることができると追っかけも可能です。富んで行く
姿を双眼鏡や望遠レンズで追うと止まった場所も目星が付きます。毎週通うとカワセミが好きな止まり場所も
把握できるので見失うと感を働かせていつも止まっている付近を探すと見つかります。このフィールドは全国の
カワセミ生息地とは条件が違い都会の住宅地を流れる川幅が狭く護岸が組石で整備され両岸には幅2m位の
遊歩道があり通勤、通学、散歩、ジョギング、サイクリングと多数の方が行き交う場所で子供は騒ぎ、救急車や
消防車のサイレン、橋を渡る大きな車の騒音の環境にカワセミが順応しないと生活出来ない場所です。
そのためカワセミが止まった場所まで遊歩道を移動して近づいても、背後から急に顔を出さなければ逃げない
条件の良い場所なので400mmのレンズでも充分アップ画像が撮影できます。
今日アップ写真で池の雌若カワセミとTaka橋上流の雌若カワセミは頭毛の乱れから同じ個体だと思われます。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0402cb.jpg
朝一番で池に行くと雌若カワセミがいてこのあと直ぐに川へ出て行ってしまいました。頭の中心位置に横へ
伸びる髪の乱れがあります。

IMGP0691cb.jpg
川へ行くと頭の上に乱れがある雌若カワセミがいました。

IMGP0636cb.jpg
同じカワセミが黄色いステップに止まっていましたが頭の乱れは同じ位置にあります。

IMGP0672cc.jpg
このシーンでも頭の同じ位置に乱れがあります。個体識別が苦手で川では判断出来ませんがこうやって写真
で比較すると曖昧な表現で言葉で特徴を言うより推測がより確実になります。

IMGP0389cb.jpg
これは10月26日(土)の夕方に池で撮影したカワセミですが目の下と嘴根元にある白い毛数本が特徴です。

IMGP0670cc.jpg
川で撮影した写真ですがこの雌若カワセミも同じような位置に白い毛のようなものが見えるので同じ個体
だと推測することが出来ます。
と言う事で川で雄カワセミと一緒にいる雌若カワセミは池と行き来しているようです。相手の雄がホバ君
だと嬉しいですね。

IMGP0819cb.jpg
1枚だけ撮影できたホバ君と思われる雄カワセミで雌若カワセミが積極的に雄の傍に寄っていっています。


【ここからは雌若カワセミの止まりものです】
髪の毛の乱れは見る角度、光の当たり方で異なってみえたりするので区別が大変です。眼の付近に生えて
いる白い毛?は短期間の比較では同じものか判別可能ですが生え変わると区別出来ないでしょうね。
カワセミはテリトリーがあるのでそれを基に止まる場所、動き方の特徴を加味して区別すれば判別可能で
しょうが、繁殖期で入り乱れ他から雌も現れたりすると名札を付けてもらわないと個体識別は難しいです。

IMGP0457cb.jpg
K-5は日陰シーンを色温度設定AUTOで撮影するとこんな色に仕上がります。

IMGP0463cb_20131030142941159.jpg
個人的にはもう少し青みが少なく緑色が濃い仕上がりが好きで曇天設定にすると良くなるようです。

IMGP0510cc.jpg
背景は川面ですが距離があるとこんな色になり綺麗です。

IMGP0517cc.jpg
逆光で頭にキャッチライトがあたったような雰囲気ですが誰かレフ版で顔に少し光が欲しいですね。

IMGP0695cb_20131030142939b30.jpg
枝が頭上に複雑に茂った場所が好きなようですが防御本能の現れなんでしょうね。

IMGP0851cb.jpg
まだ足の色が橙色に変化せず表面が茶褐色なのが若鳥の証です。

IMGP0859cc.jpg
葉に身体の一部が隠れる場所しかなくてもこれはこれで絵になるのかな?。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/28(月) 21:03:00|
  2. カワセミアップや止まりもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日も池の雌カワセミがショートホバをしてくれました  2013年10月26日(土)

今日は雌若カワセミのショートホバが撮れました      (BORG71FL直焦点撮影)

今日は台風一過晴れるのを期待しましたが曇天で空はなかなか明るくなりません。飛翔もSSが上がらず難しく
諦めましたがカワセミが飛び出すとシャッターを押してしまいます。そんな状態で撮影していましたが護岸の
上から飛び出すと短い時間でしたがホバってくれました。ホバが撮れると手放しで嬉しいです。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0267cb_201310272113516cb.jpg
この位置から飛び込みました。


IMGP0268bg.jpg
快調に飛び出しました。

IMGP0269ca.jpg
フォローしていくと何とホバり出しました。

IMGP0270bg.jpg
この上下の写真はホバると思わずレンズを振ったので下側および上側の位置からカワセミをトリミングしました。

IMGP0271ca.jpg
ここまでこの羽の形と言うことはホバってくれたようです。

IMGP0278ca.jpg
2回目の飛び込みも池面が見づらいのかホバっています。

IMGP0279c.jpg
こんな恰好をホバと言うと怒られそうですね。


IMGP0286cb_20131027211559de3.jpg
ここからはブロックの上から水浴びした時の戻りのシーンです。

IMGP0287cb_20131027211559eaf.jpg
池面が明るく逆光で設定が悪くアンダーになってしまいました。

IMGP0288cb_20131027211558055.jpg
ブロックに戻る瞬間のシーンです。

IMGP0292bg.jpg
ブロックから左側の葦の茂みに飛び出したシーンです。

IMGP0294cb_20131027211557bf6.jpg
こういうシーンが連続で撮影できると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/27(日) 21:03:00|
  2. カワセミホバリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

台風27号通過で池の水位は戻りカワセミも嬉しそう 2013年10月26日(土)

水が無かった調整池が台の雨で一騎に水嵩が増した   (BORG71FL直焦点撮影)

台風27号は進路が東寄りになり沿岸を通過した昼過ぎまで雨が降っていましたが3時ころに雨も上がりました。
調整池の様子が見たく池に行ってみましたが昨日まで水が無かった池にいつものような水位になっていましたが
底のヘドロを清掃したので底のコンクリートが透き通って見えます。雌若カワセミは鳴きながらいつもの場所へ
止まって獲物を狙ってダイブしていました。撮影仲間のCodyさんから「この池は毎年10月第三日曜日に水を抜いて
清掃する」と教えてもらいました。掃除するだけではなく外来種の魚等も管理してくれるので、住宅地のど真ん中
にある調整池は野鳥たちのピオトークになっているのです。そのおかげでカワセミも住み着き撮影ができる訳で
市の水道局および関係者の方達に感謝いたします。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0333cc.jpg
台風27号の雨で元のように水嵩が戻りました。池の中はヘドロがなくなり綺麗です。

IMGP0392cb.jpg
川と時々行き来しているようですが現在の池の主です。

IMGP0393cb.jpg
何か空の方が気になるようで上を向いています。

IMGP0362cb.jpg
北側の道路を挟んで隣接する住宅の屋根にアオサギが1本足で立っていました。

IMGP0344cb.jpg
池の護岸の淵に止まってくれました。

IMGP0346cb.jpg
何か気になるようできょろきょろと左右を向いています。

IMGP0355cb.jpg
大好きなガマ穂の先に止まりました。

IMGP0352cb.jpg
羽ばたいて止まりましたが残念ながら撮影は逃してしまいました。

IMGP0326cb_20131027210103724.jpg
バックが緑で綺麗な場所に止まってくれました。

IMGP0303cb_201310272101020c5.jpg
細い枝先がカワセミは好きなんでしょうか。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/26(土) 21:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

清掃で雨水遊水池に水が無くなりカワセミは?  2013年10月24日(木)

水が無い遊水池に雌若カワセミは戻るかな? 
      
10月21日遊水地でバキュームカーを使って水を抜いて清掃作業が行なっているとFunaさんから携帯写真が
届きました。こんな状況ではカワセミは川へ移動してしまうだろうと心配していました。池の水は中之島付近
と右側の葦が群生している部分が少し深みになっていてそこだけは辛うじて水がありますがこの池は住宅地
の雨水調整池なので水が湧き出ている訳ではなく水が溜まるのは雨便りです。
週末には台風27号が太平洋沿岸に沿って北上して来るのでまとまった雨が期待できますが肝心の魚が清掃
で吸い出されず深みに逃げ込んでいる事を期待しています。

10月23日(水)にFunaさんが確認したところ一羽のカワセミが居るとの事で安堵しました。都会のカワセミは
タフで順応性があります。24日(木)出勤途上に池へ寄ると整備不良の自転車が発するブレーキ音のような
鳴き声が中之島から聞こえましたがなかなか姿が確認できず探すといつも止まる場所からダイブして魚を
捕獲し食べていました。パソコンで確認すると雌若カワセミのようで自分のテリトリーを守っているようです。
あとは週末適度の雨が降って池に水が満ちれば元の姿に戻るのですが減ったであろう魚量で冬が越せる
かが課題のようです。


1382677994688bg.jpg
21日(月)に遊水池は清掃でこんな状態だとFunaさんが知らせてくれた携帯写真です。これを見る限り頼みの綱は
池の中心にある中之島と隣接する葦が群生する付近の深みに逃げ込んだ魚類が無事な事を願うばかりです。


撮影機材:Pentax DA18-55mm F3.5-5.6 ALII+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
【撮影ポイントから池の中心を撮影した水が無い池の状態です】
IMGP0195cc.jpg
正面東側から見た池の状況でなんじゃもんじゃの木周り下に水が溜まっています。時計方向反対に北側から
撮影ポイント(植木の茂みで一部立ち入れない場所があります)から池の様子をご覧にいれます。

IMGP0184cc.jpg
北東位置で左下は機械室で増水時雨水の量を調整するようでこの上に頻繁にカワセミが止ってくれる場所です。

IMGP0186cc.jpg
北側センター位置で今日は正面の水溜りを狙ってカワセミがダイブしていました。

撮影機材:BORG45EDII+AC2+ヘリコイドDX+ミニミニドロチューブ+F-AF1.7Xアダプター+Pentax K-5
IMGP0212ca.jpg
この撮影場所正面の葦の茂みに雌若カワセミがいました。

IMGP0215ca.jpg
小魚が居るようで獲って食べています。

IMGP0216bg.jpg
暗くSS 1/320秒の飛翔です。このレンズはF:8.6と暗いので今日の様な曇天の日は飛翔撮影は辛いです。


IMGP0187cc.jpg
北側角の北西位置で葦の茎先から飛込むシーンやブロック上に板が置いてある場所のカワセミを撮影します。

IMGP0188cc.jpg
西側角の北西位置で手前の葦先から飛び込むカワセミの撮影位置です。

IMGP0248cb_20131026001506e61.jpg
上の写真の左側の茂みに雌若カワセミがいました。餌を食べて満足のようでゆっくり休んでいます。

IMGP0250cc.jpg
F-AF1.7Xアダプターを外して45EDII+Kenko AC2(220mm F:5.0)で撮影した原画を1600X1059にリサイズ
しました。

IMGP0250cb_201310260015024cc.jpg
4208X3120の原画を2500X1853で切り出し1280X848にリサイズした画像です。


IMGP0189cc.jpg
西側の中心位置で柳の枝に止ったカワセミのシーンを撮影する場所です。

IMGP0190cc.jpg
南西位置でスロープの白い柵から池に飛び込むシーンを撮影します。今年は水抜きに出入りするカワセミを
沢山撮影した場所です。

IMGP0191cc.jpg
南西位置で護岸の上から飛び込むシーンを撮影した場所です。

IMGP0192cc.jpg
南側中心位置で幼鳥の溜まり場で沢山撮影させてもらった場所です。

IMGP0193cc.jpg
南東位置で中心にある杭からの飛び込みや手前の葦茎から飛び込むシーンを撮影しました。

IMGP0194cc.jpg
南東角位置で白い柵から飛び出すシーンや葦の茎に止ったカワセミを撮影した場所です。
道路に面した一周100m強の距離ですが周囲には2m高の金網柵があります。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/25(金) 23:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

仲間のIshiさんの奥さんが撮影した壮絶なバトルシーン

池のカワセミが入れ替わった切っ掛けの壮絶バトル   (Ishiさんの奥さんが撮影)

先週末の土曜日は孫のお宮参り日曜日は一日中雨で肌寒い状況で撮影は出来ませんでしたので手元に
温めていた貴重なバトルシーン(Ishiさんの奥さんが撮影)を紹介します。
個体識別が苦手な私はいつも行く雨水調整池にいるカワセミが子育て終わった雌カワセミだと思っていました
が今常駐している雌カワセミは雌若カワセミでどうも入れ替わったようです。その切っ掛けは9月21日(土)昼頃に
起きたバトルが原因で決着が付いたようで古参雌カワセミが若雌カワセミに場所を奪われたようです。
その時の壮絶なバトルを5m位から撮影したシーンをIshiさんの奥さんが撮影されました。私は9時過ぎに家に
戻ってしまっていましたので撮影できませんでしたがBORG71FLは400mm単焦点レンズなのでその場にいても
画面からはみ出してしまってNG写真だったと思います。こういう時はズームレンズで200mm位で撮影するのが
良いようです。
撮影する者にとっては貴重なシーンで歓迎ですが、当事者のカワセミ達は真剣勝負で生きるために身を削って
場合によっては命を落とすような壮絶なバトルに発展するようです。撮りたい思いと怪我しないで欲しいという
裏腹な気持ちが交差して複雑な心境になります。
Ishiさんの奥さんは私と違いいつも落ち着いて撮影されているのが功を奏したようで、私もいつかこういうバトル
シーンを撮りたいですね。

この雌若カワセミが池を自分の領土として制圧したようで過去の「池の雌若カワセミの様子」もご覧下さい。


【Ishiさんの奥さんが撮影した壮絶バトルシーンです。】
撮影機材:EF 70-300mm F:4-5.6L IS USM+CANON 7D
IMG_5750幼鳥さんバトル1
一度目のバトルのようで嘴で絡み合っています。

IMG_5835bg幼鳥さんバトル
嘴が離れ落ちていくような雰囲気です。

IMG_6133幼鳥さんバトル再開1
2度目のバトルのようで足の色と嘴色で頭を挟まれて劣勢なのが雌成鳥で優勢なのが若雌カワセミです。

IMG_6161幼鳥さんバトル再開1
嘴で頭を挟んでひっくり返してしまいました。勝負あったというシーンです。

IMG_6220幼鳥さんバトル再開、そして明日に1
お互い嘴を開けて絡み合う寸前の状況です。原画を直接処理すればもっと大きな高精細画像をお見せできたの
ですがメール添付でお送りいただいたのでこのような大きさになってしまいました。
Ishiさんの奥さん大変貴重なシーンを見事な出来でお見せていただき有難うございました。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/21(月) 21:03:00|
  2. 仲間が撮影した画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

どんなカワセミホバでも撮れると嬉しい     2013年10月14日(日)

カワセミホバリングはどんな格好でも撮れると嬉しい   (BORG71FL直焦点撮影)

今日も5秒ほど枝から飛び出してホバってくれました。しかしマニュアルフォーカスはファインダに収めて見ながら
マニュアルフォーカスで合わせるのでどうしても時間がかかってしまいます。最近はファインダーに収まったらまず
シャッターを押しながらヘリコイドを廻してフォーカスを追います。そのため合焦するまではボケボケですが間に
合えば数枚は使える写真が撮れます。
高い場所から飛込む時は水深が深くないと必ず減速しながら飛び込みますがそういうシーンは「ホバもどき」の
シーンが撮れます。池で護岸から飛び込むときにそういうシーンが撮れますので一緒にアップします。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-5
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP9989cb_20131018224534e7a.jpg
6枚撮影出来て2枚だけ合焦しました。

IMGP9990cb_20131018224534573.jpg
毎週ホバが見れるだけでも楽しいですが撮影できた時の嬉しさは格別です。

IMGP9923ca.jpg
飛び出した直後にホバもどきの格好が撮影出来ました。

IMGP9924ca.jpg
連続シーンですが水面の様子を伺っているのが判ります。

IMGP9925ca.jpg
頭を動かしていないので水面の獲物を確認しながら飛び込んだようです。

IMGP9937ca.jpg
これも「ホバもどき」の格好です。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/19(土) 06:33:00|
  2. カワセミホバリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

scarlet

Author:scarlet
愛犬スカーレット(享年17歳)
カワセミ撮影にも助手席に乗り
お供してくれた良き相棒でした。
2012年4月18日永眠

レンズ
BORG
71FL・67FL・55FL・77EDⅡ・45EDⅡ
Nikon
105mm VR Micro f:2.8
18-200mm ED VR f:3.5-5.6
70-200mm ED VR f:2.8
300mm F:2.8D

レジューサー・フラットナー・テレコン
Nikon   TC-16A改造
         TC-14EⅡ
       TC-17EⅡ
        TC-20EⅡ
PENTAX  1.7XF-AFアダプタ-
REAR CONVERTER-A 1.4X-S
自作テレコン(TC-14Bレンズ流用)
BORG   0.7X (7870)
         0.78X(7878)
        1.08X(7018)
        1.04X(7784)
       1.4X (7014)
OASIS-35mmREDUCER DX 0.8X

カメラ
Nikon D300S
PENTAX K-5 K-3 
OLYMPUS E-PL1

Blog開始   2011年7月13日
カワセミ撮影開始2009年11月2日 

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カワセミ全般 (355)
カワセミ雛・幼鳥全般 (361)
カワセミ飛翔他 (591)
躍動的なカワセミ達 (212)
カワセミホバリング (186)
カワセミ水浴(杭も含む) (176)
カワセミ餌を捕獲(飛翔含む) (63)
カワセミバトル(睨合い含む) (62)
カワセミ求愛給餌(給餌含む) (60)
カワセミアップや止まりもの (70)
カワセミ雛への給餌(子育て) (50)
カワセミペリット吐き (25)
雛・幼鳥の水浴や飛翔 (33)
カワセミ交尾 (30)
カワセミ食事中 (19)
雛祭り(親カワセミと雛集合) (17)
カワセミ飛込み枝戻りシーン (15)
カワセミ巣穴の出入り (16)
カワセミ生態パターン (6)
カワセミストレッチ体操 (2)
仲間が撮影した画像 (3)
撮影機材 (20)
引き伸ばしレンズ (2)
BORGアクロマートAF試写画像 (3)
BORGアクロマート改造(玉抜き) (7)
BORGAF化(テレコンAF) (5)
NikonTC-16A改造とEV値 (1)
ヤマセミ全般 (53)
野鳥全般 (120)
カワセミ以外の話題 (27)

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


いつもの川より

カワセミの夫婦日記

カワセミハイスピード

スナフキンのように

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR