愛くるしく綺麗なカワセミ達

このブログはBORG望遠鏡レンズ(デジBORG)等で撮影したカワセミ画像が主で時々ヤマセミや野鳥の写真で飾ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

N川にカワセミ雛がデビューしたので夕方出向くと    2014年5月31日(土)

雛は巣穴から1Km以上上流へ移動       (BORG67FL直焦点マニュアルフォーカス撮影)

水曜日下流のN川に雛が出たとIshiさんから連絡をいただきました。雛が気になって毎日様子を教えていただき
ましたが、雛はだんだん上流の川幅が狭い場所へ移動し草木に隠れて撮影が難しいと言うことでちょっと落胆
しました。今日は週末で朝からと思っていましたが我が家の狭い庭の草木も伸び放題で梅雨に入ると剪定作業
も難しくなるので朝から家内と一緒に一騎に始めました。昼過ぎには終わると踏んで始めた作業ですが終わった
のは3時を廻ってしまいました。4時過ぎから時間が出来たのでN川へ行きましたが集合場所に数羽の雛がいる
ようで盛んに鳴いています。しかし生い茂った桑の木の中で雛は確認できません。待っていると近くの枝に出て
きたので一羽単独でしか撮影出来ません。二時間待っていましたが親が二羽の雛と連れ立って上流へ通過して
行ったのを目視しただけでした。どうも三羽の雛がデビューしたようです。
明日は朝から頑張って給餌シーンを撮影したいのですがどうなる事やら・・・・。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2368cc.jpg
幼鳥が集合すると期待したのでレンズも300mmの67FLに組み換え現場に向かいましたが一羽だけでした。

IMGP2369cc.jpg
現場は4時半過ぎの日陰なので67FLの方が明るいレンズで何とか撮影が出来ました。

IMGP2371cc.jpg
雛は掛け値なしで可愛いです。

IMGP2370cc.jpg
どの角度のシーンも愛くるしい純粋な目をしています。

IMGP2387cb.jpg
少し離れた枝に出てきました。

IMGP2381cb.jpg
親が給餌に来るのを期待しましたが・・・・残念!

IMGP2387cb.jpg
5時40分で期待した親が来ないのでちょっとがっかりです。

IMGP2378cb.jpg
雛は時々鳴いて自分の居場所をアピールしますが親鳥は来ません。

IMGP2377cb_20140531211617480.jpg
6時過ぎまで待ちましたが雛が定位置の桑の木の中へ戻ってしまったので家路に着きました。

IMG_6303奈良川ひな3羽1
Ishiさんの奥さんSIさんから3羽の集合写真を送っていただきました。

IMGP2400cb.jpg
N川下流に戻る途中桑の実が赤くなっている枝に雀が止まって食事タイムです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/31(土) 21:33:00|
  2. カワセミ雛・幼鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

N川カワセミペアーは2番子準備に入ったと言う根拠は  2014年5月24日(土)

雛に給餌と平行に2番子準備に入ったか?  (BORG71FL直焦点マニュアルフォーカス撮影)

巣穴から定期的に川へ来るカワセミを狙って撮影していいると雄カワセミの嘴に泥が付いていることに気が付き
ました。雛が大きくなって巣穴を拡張しているのかと思っていると今週も交尾がありました。先週末にも交尾あっ
たので2番子準備中だと想定できましたが雛が川デビューする前にこういう状況になるとは驚きました。
雌カワセミはそろそろ産卵するはずですが多分新しい巣穴が作られていると仮定することが出来ます。カワセミ
文献を探してもなかなか明快な答えが得られない・・・まだまだ分からない事が多いですね。
正面から雌カワセミを狙っていると突然交尾が始まりシャッターを押しました。正面は恰好が良くないので交尾は
長いことが多いので横から撮影出来る位置へ移動しましたが残念ながら終了してしまいました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1925cc.jpg
傍に雄カワセミが来て雌カワセミが体をブルブル小刻みに震えているので交尾が想定できました。

IMGP1926cc.jpg
給餌を期待して正面で待っていたので期待を裏切り交尾を正面から撮影する事になり計算違いの結果でした。

IMGP1927cc.jpg
ある程度撮影ができたので撮影位置を移動することにしました。

IMGP1928cc.jpg
交尾は同じようなシーンの繰り返しなので8枚位撮影出来れば良いようです。

IMGP1929cc.jpg
雄は嘴で雌の髪の毛を挟んでいます。

IMGP1930cc.jpg
羽を大きく広げるのは雄がバランスをとるためのようです。

IMGP1931cc.jpg
この時点で交尾の撮影を打ち切りベストポジションの撮影位置へ移動しましたが「後の祭り」でした。

IMGP1906cc.jpg
雄カワセミの嘴に泥が付着しているのが分かります。

IMGP1912cc.jpg
この画像を見て2番子用の巣穴が掘られているだろうと想像が出来ました。

IMGP2059cc.jpg
雄雌カワセミがN川上流に移動したのでMF上流へ移動していくとコゲラが巣穴から顔を出していました。

IMGP2058cd.jpg
位置を変えて撮影したら何と隣に穴が掘られ顔の形に見える塞ぎ物で覆われていました。子育て順調のようです。

IMGP2062cc.jpg
川にはカルガモ親子が上流に向かって移動していました。

IMGP2065cc_20140527154012e52.jpg
川の野鳥は子育て真っ最中で色々な状況が観察出来ます。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/30(金) 06:03:00|
  2. カワセミ交尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

体育館前ペアーは雛へ餌運び中       2014年5月27日(土)

昼頃雌カワセミが堰で餌獲りすると教えてもらったら・・・  (BORG71FL直焦点撮影)

体育館前にいた中流域のカワセミペアーは雛が誕生し2週間弱経過していますが順調に餌を運んでいるようです。
週末にかけてのカワセミ情報はFNさんやみいたんからLINEで情報をいただき金曜日が近づくとIshiさんご夫妻か
ら具体的な場所の詳細情報をいただき土曜日の行動を決めています。川へ行くとカワセミ談義で情報をもらい現場
に付くとbadfisherさんからN川や体育館前のペアーの進行状況を教えてもらえるので効率よく撮影が出来ています。
明日日曜日は所用でカワセミ撮影はお休みなので1週間のブログネタを半日で撮影すると言う無謀な計画です。
中流域のカワセミの行動パターンはIshiさんから「雌カワセミが昼前から出てきて堰で面白い動きをする」と情報を
いただきN川から現場へ向かいました。堰のスロープは水嵩が少なく小魚やヨシノボリが張り付いているようで
雌カワセミの専用餌場のようです。水嵩が無いので飛び込む事が出来ず足から降りて獲物を撮むスタイルです。
当然スピードを落とすためにホバのような恰好をしたりホバったのですが具体的な行動パターンが理解できていず
難しい撮影になりました。次回はもう少し能率が良い撮影場所を探してNG画面を減らしたいところです。
こういう場面でもカワセミ固有の癖と生態パターンが分かると格段に撮影が楽になります。Ishiさん次回は具体的な
雌の行動パターンをお教え下さい。それでも何とか連続飛翔(ホバリング)が撮れましたのでアップします。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2329cb.jpg
川の中心にある石上から飛び上がりホバリングをしました。

IMGP2330cb.jpg
殆ど位置が変わっていないので飛び上がってホバったようです。

IMGP2331cb_20140527163447f2d.jpg
このシーンも位置が変わっていません。

IMGP2332cb_20140527163446fb0.jpg
面白い恰好で尾羽が反り返っています。

IMGP2333cb_2014052716344675f.jpg
着地するようです。

IMGP2334cb.jpg
反り返った珍しい恰好をしました。

IMGP2335cb
着地しましたが何処かを見ています。

IMGP2170cb_20140527163655b03.jpg
水嵩が少ないスロープで魚を獲って咥えて飛翔しています。

IMGP2171cb.jpg
川の中心にある石上に止まるようです。

IMGP2172cb.jpg
そろそろ着地するのですがこれ以降は被写界深度から外れてボケてしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/29(木) 06:03:00|
  2. カワセミホバリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雌カワセミが堰スロープで餌獲りの飛翔姿    2014年5月24日(土)

雌カワセミは堰のスロープが気に入った餌場  (BORG71FL直焦点マニュアルフォーカス撮影)

体育館下流の県境堰は雌カワセミの餌場です。巣穴はここから数百m離れた旧家の赤土崖に作られ愛情豊かな
カワセミ好きな一家の方が温かく見守ってくれているので安全な場所です。そこから一番近い場所がこの堰で餌を
雛へ給餌し終わるとこの傍の護岸コンクリート上から水浴びをするようです。残念ながら今日は水浴びに遭遇でき
ませんでしたが天気が良ければSSも稼げ綺麗な水浴びシーンが期待できる場所です。
今日は堰に雌カワセミが現れ魚獲りの飛翔が撮影出来ました。昼過ぎには家に戻らなければならず残念ながら
後ろ髪を惹かれる思いで家路に付きました。今週末はN川の雛が撮影出来れば最高なので撮影仲間の朗報を
首を長くして待ちたいと思います。

(※)速報
28日(水)14時撮影仲間のIshiさんから3羽の雛が川デビューしたと教えてもらいました。夕方までに残りの
雛がデビューすると思われますが最終的には何羽になるか楽しみで週末が待ち遠しい状態です。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2146cb.jpg
雌カワセミは雄が近くに来ると歓迎のポーズ(羽を小刻みに震わせ丸みを帯びたポーズ)をします。

IMGP2071ca.jpg
川の中央部の石上から護岸の定位置へ移動することが見ていて判り狙ってみました。

IMGP2071cb_2014052716533919a.jpg
動線上に直角に交わる方向を探して撮影すれば被写界深度に飛翔コースが入ります。

IMGP2097ca.jpg
止まる枝の近くになるとスピードを落とすこういう格好をします。

IMGP2098ca.jpg
ホバったような恰好をしますが位置が移動しているのでホバリングではありません。

IMGP2110ca.jpg
枝から飛び出てこんな恰好をしました。

IMGP2119ca.jpg
上の連続シーンではありませんが同じ恰好です。

IMGP2120ca_20140527165442cd8.jpg
これは上の画像と連続シーンです。

IMGP2138ca.jpg
石上に止まる寸前でスピードを落とす制動姿勢をします。

IMGP2139ca.jpg
石上に止まる寸前で大きく羽を広げてスピードを殺して着地します。

IMGP2140cb.jpg
勢い余ってオットットと言うように足が浮いています。上記3枚は連続シーンです。

IMGP2161cb.jpg
急に方向転換する時の姿勢です。

IMGP2165cb.jpg
川の中心の石上から堰のスロープ部分めがけて飛び出しました。

IMGP2166ca.jpg
水深が浅いとスピードを落として足から着水しないと激突するのでこういうホバもどきの恰好をします。

IMGP2265cb.jpg
護岸の枝に戻るところです。

IMGP2304cb_201405271655508d9.jpg
2枚ですがホバリングが撮影出来ました。

IMGP2305cb.jpg
護岸と枝を見ると静止して羽ばたいているのが判ります。ホバとホバもどきはこういうように判定します。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/28(水) 06:03:00|
  2. カワセミ飛翔他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワセミ巣穴から戻ると水浴びをする      2014年5月24日(土)

カワセミの生態行動を理解すると水浴びも観察できる   (BORG71FL直焦点撮影)

水浴びは撮影できましたがSSを1/1600秒以上に設定出来ないとこういう画像になるという例で敢えてアップし
ます。今日はISO感度を下げて撮影しようと心掛けたのですがそれが仇になってしまいました。
あまり行かない場所で撮影する時はその場所に詳しい方に行動パターンをお聞きして頭に入れると撮影が容易
になります。今日はBadFisherさんに撮影の合間にカワセミが巣穴から戻る場所や水浴び場所を教わりました。
たぶん教わらなければこういう水浴びには遭遇出来ません。今日はその場所で待っていると上流側から飛来し
水浴びを始めました。最初のシーンはSS1/1000秒 ISO2000ですが動きが速い部分はボケぎみです。次の
シーンはSS1/640秒 ISO800で何とか見れる画像をアップしました。こういう時はISOを1段あげて1600にすれ
ばSSは1/1200秒になるのでもう少し鮮明な画像になった筈です。K-3はISO3200まで好感度ノーイズも我慢が
出来るのですが個人的にはISO2500を限度に設定しています。カメラの設定は重要だと再認識しました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

【ISO2000 SS1/1000秒で撮影】
IMGP1998cb_20140527144301bd2.jpg
「たられば」で言えばISO2500にしてSS1/1250秒の方が良かったと思います。

IMGP1999cb_2014052714430044f.jpg
川面に映る縦縞は後ろにある格子が写りこんでいます。

IMGP2000cb.jpg
雄カワセミは雛への給餌や巣穴掘りと交尾で体力を使い過ぎ羽もボロボロです。

IMGP2001cb.jpg
この石上から飛び込み戻ります。水浴びはSS1/1600秒以上に確保できると飛び込みも綺麗に撮影できます。


【ISO800 SS1/640秒だとこんな感じになります。】
IMGP2019cb.jpg
カワセミの輪郭もSSが低いので少しぼけて甘い画像です。

IMGP2020cb.jpg
頭と嘴に着目するとカワセミの動きが速く甘い画像です。

IMGP2022cb_2014052714440243c.jpg
止まる瞬間はスピードが止まるので解像度が上がるのが分かります。


【ISO1600 1/1000秒に設定変更しましたが焼け石に水状態です】
IMGP2040cb_201405271444022ed.jpg
足の部分を見ると動きが速くボケているのが分かります。

IMGP2041cb.jpg
このシーンもISO2500まで設定を変更すればSSは1/2000秒近くになった筈です。

IMGP2042ca.jpg
現場で気が付きISO感度を変更してSSを上げましたがこの通りです。SSは1/1600秒は確保したいです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/27(火) 06:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

N川のカワセミ雛デビューは今週半ばか?    2014年5月24日(土)

MFのカワセミは出が悪いのでN川へ向かうと         (BORG71FL直焦点撮影)

朝一番M池に寄ると4羽のカルガモ雛は元気に親鳥に付いて泳いでいる姿だけでカワセミはいません。どうもカワ
セミは時々来るようですが長時間滞在せず「カワセミの出が悪い」状態です。何処へカワセミを探すか迷っていると
badfisherさんからN川情報が入り向かいました。途中数か所のカワセミポイントを確認しましたが抱卵時期の行動
は気まぐれでカワセミには会えません。N川に到着するとカワセミを見つけるよりbadfisherさんを見つければそこに
カワセミがいました。現在この場所の2羽は雛が生まれ川デビューはそろそろです。雄カワセミは餌運びで巣穴へ
飛んでいきますが戻ると嘴に泥を付けています。どうも2番子用の巣穴を掘っているようです。
餌獲りの時に飛翔する姿が撮影できましたのでアップします。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1901cc.jpg
雄カワセミは嘴に泥を付けて巣穴方向から飛来してきました。

IMGP1914cb_20140527135242519.jpg
護岸に沿って川面へ飛び込んでいきます。

IMGP1915cb_20140527135241f4b.jpg
連続飛翔ですがどうしても護岸の石がバックに映ってしまいます。

IMGP1975cb_20140527135241ad9.jpg
魚を咥えて護岸へ戻る飛翔です。

IMGP1976cb_20140527135241867.jpg
護岸へ置きピンしてレンズを振ると戻りが撮影できました。

IMGP1977cb.jpg
ちょっとバックからの撮影で目が写りませんが仕方がありません。

IMGP1978ca.jpg
この角度だと完全に顔が羽で隠れてしまいます。

IMGP1979cb.jpg
飛翔が連続で撮影できるとうれしいものです。

IMGP1993cb.jpg
獲った魚を捌き雛へ給餌用に咥えなおし巣へ運んでいきました。

IMGP2048cc.jpg
護岸に止まり魚を狙っている時は5m位の場所からレンズを向けカワセミが私を確認したら少しづつ近づいていくと
数mまで近づくことが可能です。決して背後に近い場所から不用意に顔を出さないことが近接撮影のミソです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/26(月) 06:03:00|
  2. カワセミ飛翔他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワセミの求愛給餌が撮れました      2014年5月18日(日)

交尾の後は求愛給餌を期待して待っていると          (BORG71FL直焦点撮影)

交尾が先にあると給餌が期待できるので耳を澄ませて待つこと3分で雄カワセミが鳴きながら上流から飛来して
きました。その間に雌カワセミは上流の枝に移動してしまいましたが撮影が出来ました。今日はマニュアルフォ
ーカスがうまく合ってくれず満足なシーンが撮影できません。まあこういう日もあるようで次回の糧にしたいと思
って諦めるのが賢明のようです。


撮影機材:BORG67FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1743cb_2014052115561385e.jpg

IMGP1744cb_201405211556126ab.jpg

IMGP1745cb_20140521155612400.jpg

IMGP1757cb_2014052115561234f.jpg

IMGP1760cb_2014052115561149c.jpg

IMGP1762cb.jpg

IMGP1767cb.jpg

IMGP1781cb_20140521155758541.jpg

IMGP1796cc.jpg

IMGP1856cb.jpg

IMGP1857cc.jpg

IMGP1863cc.jpg

IMGP1872cc.jpg

IMGP1875cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/25(日) 06:03:00|
  2. カワセミ求愛給餌(給餌含む)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カワセミの給餌を期待していたら交尾が先だった    2014年5月18日(日)

2時間経過し雄カワセミがやってきて交尾が始まった     (BORG71FL直焦点撮影)

撮影仲間とカワセミ談義をしながら雌カワセミを2時間ストーカーしていると川下から鳴きながら雄カワセミがやって
きました。給餌を期待しましたが餌は持っていません。雌は羽を小刻みに震わせ歓迎ポーズです。これは交尾があ
ると期待し慌てて雌カワセミを探すと川に突き出た石の上にいました。フォーカスを合わせますが逆光りで合わせる
のに一苦労です。交尾が始まりそうなのでシャッターを連射しましたがやはり後ピン状態で・・・・・トホホ状態です。
家に戻ってパソコン画面で確認すると何と終了して離れるシーンだけがジャスピンでした。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1712cb_20140521145811e29.jpg

IMGP1713cb_20140521145811ee3.jpg

IMGP1714cb_20140521145810850.jpg

IMGP1715cb_20140521145810f2e.jpg

IMGP1725cb_2014052114581086f.jpg

IMGP1731cb.jpg

IMGP1733cb_20140521145843e0c.jpg

IMGP1734cb.jpg

IMGP1735cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/24(土) 18:03:00|
  2. カワセミ交尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雌カワセミは雄を待っている間に水浴びをした。   2014年5月18日(日)

雌カワセミ待合わせ場所で水浴び三昧      (BORG71FL直焦点マニュアルフォーカス撮影)

2時過ぎにいつものS橋手前の川面石上に雌カワセミが止まっていました。長い時間石上に止まり動きません。
待っていると時々暑いのか嘴を開きかけています。そのうち水浴びが始まりました。この場所は午後日陰になる
場所でSSも上がりません。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1533cb_20140521142603675.jpg

IMGP1535cb_201405211426032a4.jpg

IMGP1536cb_201405211426028d0.jpg

IMGP1545cb_201405211426022c5.jpg

IMGP1464cb_201405211426013ea.jpg

IMGP1465cb_20140521142601a77.jpg

IMGP1466cb_20140521142759ed9.jpg

IMGP1478cb_201405211427598b5.jpg

IMGP1480cb.jpg

IMGP1481cb.jpg

IMGP1482cb_20140521142757edf.jpg

IMGP1483cb_201405211427577ff.jpg

IMGP1484cb_20140521142819579.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/24(土) 06:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雌カワセミの川面へ飛び込みは解りやすい     2014年5月18日(日)

解りやすい恰好をしてくれると飛込み場所も予測可能   (BORG71FL直焦点撮影)

カワセミの飛び込む瞬間を見抜くのは大変ですが獲物を狙ってこんな恰好をすれば飛び込み場所も予測しやすく
撮影が楽になります。今日はそういう例に適したシーンが撮影できました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1249cb_20140521133917219.jpg
カワセミがこういう格好をしたら飛び込み位置は嘴の延長線上なので置きピンして左上に持って行って待ちます。

IMGP1250cc.jpg
飛び込み位置と止まっている場所にレンズを振って合焦している事を確認して飛び込みと同時に連射します。

IMGP1251cc.jpg
水面に浮いた状態です。

IMGP1252cc.jpg
頭を持ち上げて飛び出す準備です。

IMGP1253cc.jpg
飛出し身体全体が水面から脱しました。

IMGP1254cc.jpg
普通は必ずと言って良い程飛び込んだ場所に戻るのですが・・・どうも違うようです。

IMGP1255cc.jpg
急に向きを変えて止まっていた反対側に止まるようです。

IMGP1256cc.jpg
何とか被写界深度に入っているようでフォーカスも合って綺麗です。

IMGP1257cc.jpg
反対側の枝に向けて飛翔しています。

IMGP1258cc.jpg
この辺りが置きピン撮影の限度のようです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/23(金) 18:03:00|
  2. 躍動的なカワセミ達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

scarlet

Author:scarlet
愛犬スカーレット(享年17歳)
カワセミ撮影にも助手席に乗り
お供してくれた良き相棒でした。
2012年4月18日永眠

レンズ
BORG
71FL・67FL・55FL・77EDⅡ・45EDⅡ
Nikon
105mm VR Micro f:2.8
18-200mm ED VR f:3.5-5.6
70-200mm ED VR f:2.8
300mm F:2.8D

レジューサー・フラットナー・テレコン
Nikon   TC-16A改造
         TC-14EⅡ
       TC-17EⅡ
        TC-20EⅡ
PENTAX  1.7XF-AFアダプタ-
REAR CONVERTER-A 1.4X-S
自作テレコン(TC-14Bレンズ流用)
BORG   0.7X (7870)
         0.78X(7878)
        1.08X(7018)
        1.04X(7784)
       1.4X (7014)
OASIS-35mmREDUCER DX 0.8X

カメラ
Nikon D300S
PENTAX K-5 K-3 
OLYMPUS E-PL1

Blog開始   2011年7月13日
カワセミ撮影開始2009年11月2日 

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カワセミ全般 (355)
カワセミ雛・幼鳥全般 (361)
カワセミ飛翔他 (591)
躍動的なカワセミ達 (212)
カワセミホバリング (186)
カワセミ水浴(杭も含む) (176)
カワセミ餌を捕獲(飛翔含む) (63)
カワセミバトル(睨合い含む) (62)
カワセミ求愛給餌(給餌含む) (60)
カワセミアップや止まりもの (70)
カワセミ雛への給餌(子育て) (50)
カワセミペリット吐き (25)
雛・幼鳥の水浴や飛翔 (33)
カワセミ交尾 (30)
カワセミ食事中 (19)
雛祭り(親カワセミと雛集合) (17)
カワセミ飛込み枝戻りシーン (15)
カワセミ巣穴の出入り (16)
カワセミ生態パターン (6)
カワセミストレッチ体操 (2)
仲間が撮影した画像 (3)
撮影機材 (20)
引き伸ばしレンズ (2)
BORGアクロマートAF試写画像 (3)
BORGアクロマート改造(玉抜き) (7)
BORGAF化(テレコンAF) (5)
NikonTC-16A改造とEV値 (1)
ヤマセミ全般 (53)
野鳥全般 (120)
カワセミ以外の話題 (27)

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


いつもの川より

カワセミの夫婦日記

カワセミハイスピード

スナフキンのように

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。