愛くるしく綺麗なカワセミ達

このブログはBORG望遠鏡レンズ(デジBORG)等で撮影したカワセミ画像が主で時々ヤマセミや野鳥の写真で飾ります。

雌若カワセミMちゃんの川面飛出し           2014年11月24日(月)

雌若カワセミは足の色も赤くなり成長しました。       (BORG71FL+1.08Xフラットナー)

カワセミは雄より雌の方が下嘴が赤くアクセントになり綺麗です。この雌カワセミはお腹が少し白くMのような形をして
いて、撮影仲間の間ではMをミドリと読み替え緑ちゃんと呼ぶ方がいるので今後はMちゃんと書いていきます。
Mちゃんは飛び出しや上昇する仕草が判りやすく飛翔撮影のタイミングが読み易いカワセミです。今日も川面へ飛び
込み戻るシーンや枝に止まった姿が撮影できました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP5990cb.jpg

IMGP5991cc.jpg

IMGP5992cb_20141128164453216.jpg

IMGP5993cb_20141128164453e0d.jpg

IMGP5961cb_2014112816445260d.jpg

IMGP5971cb.jpg

IMGP5985cb_20141128164533596.jpg


IMGP5937cc_20141128165456dbd.jpg

IMGP5954cc.jpg

IMGP6028cc_20141128165455ae1.jpg

IMGP6032cc.jpg

IMGP6071cc.jpg

IMGP6077cc_20141128165454dcc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/30(日) 06:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

使い慣れた71FLでカワセミ撮影        2014年11月23日(日)

機材を使い分けるのは素人には難しい           (BORG71FL+1.08Xフラットナーで撮影)

今日は71FL+K-3と250mm+TC-16A+D300sを自転車の荷台に積んで2刀流でMFに向かいました。2機種持参した
のは250mmレンズ+TC-16Aで半AFがどの位効果があるか試したいが駄目な時は71FLに戻そうという助平根性を
丸出し状態です。本来動作を確認するのはその機種に専念すべきなのですが・・・駄目ですね。結果は短時間で
TC-16Aのオートフォーカス動作も確認でき撮れた画像も解像度もあり綺麗で満足できました。
と言う訳で最初にM池で雄カワセミ・ヒロシ君を71FL+フラットナーで撮影した画像と川へヒロシ君が移動したのでその
姿をアップします。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

【枯れたガマ穂の先で羽ばたく雄カワセミ・ヒロシ君】
IMGP5525cc.jpg

IMGP5526cc.jpg

IMGP5527cc.jpg

IMGP5528cc.jpg

IMGP5529cc.jpg


【護岸から池面に飛び込むヒロシ君】
IMGP5512cb_20141128145210130.jpg

IMGP5513cb.jpg

IMGP5514ca_20141128145341169.jpg


【最近KyTk橋上流に進出し始めたヒロシ君】
IMGP5611cc.jpg

IMGP5612cb_20141128145340962.jpg

IMGP5637cc.jpg

IMGP5646cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/29(土) 06:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

71FLで撮影したMFのカワセミ    2014年11月23日(日)

F幼稚園前にいたカワセミは下流へ移動していった (BORG71FL+1.08Xフラットナーで撮影)

カワセミに巻かれて右往左往してB池前でカワセミを探しているといつも会う散歩の方が下流の「F幼稚園前にカワ
セミがいるよ」と教えてくれました。木の中で休んでいたので撮影しながら動き出すのを待っていると一気に下流へ
飛び去りNY橋まで追いかけましたが見失いました。
どうもB池にいる雄カワセミではなく体育館前の雄カワセミのようです。上流のKyTk橋には雌若カワセミがいますが
M池のヒロシ君と遭遇してもお互い気にするもののバトルには進展せず追いかけるだけのようです。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

【KyTk橋上流にいる雌若カワセミ】
IMGP5537cb_20141128155448ef3.jpg

IMGP5538cc.jpg

IMGP5543cc_20141128155447751.jpg

IMGP5544cb.jpg

IMGP5547cc.jpg


【体育館辺りにいる雄カワセミがF幼稚園前まで進出か?】
IMGP5552cc.jpg

IMGP5554cc.jpg

IMGP5561cc.jpg

IMGP5573cc.jpg

IMGP5578cc.jpg

IMGP5584cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/29(土) 00:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天気が良いので250mm+TC-16Aでカワセミ撮影  2014年11月23日(日)

天気が良いと400mm F:7.3のレンズで半AFがビシバシ決まる  (250mm+TC-16A使用)

久しぶりにNikon D300sにAFテレコンTC-16Aを取付け250mmレンズの半AF動作を楽しみました。AFはビシバシと決まり
ファインダーを凝視してフォーカスを合わす必要がありません。カワセミが飛び出し連写すると確実にフォーカスが合
わないとシャッターが落ちません。シャッター動作設置をレリーズ優先にしていないのが原因で慌てて設定変更します。
カワセミの撮影はシャッターにAF機能を割り当てずAF釦で操作する「親指AF」に設定するのがベターです。
シャッターチャンスを逃して落ち込んでいるとまたチャンス到来で覗いているとカワセミが上の枝に移動するそぶりを
したのでシャッターを押しました。今度は連写も正常ですがシャッター音がこんなに大きかったのかと驚きました。
D300sはISO1600以上ではノイジーで画素数も少ない一時代前の機種で後継機種の噂は出ては消えて期待を裏切っ
ていますが競合社のキャノンから7DmarkIIが発売されたので来年のCP+にはニコンもD300MarkIIでも出してくれる事
をNikonユーザーとして期待したいと思います。


撮影機材:250mmレンズ+ヘリコイドLⅡ+ヘリコイドDX+60mm延長筒+TC-16A+Nikon D300s
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
DSC_5706cc.jpg
この枝から上の枝へ上昇飛翔したのが次の画像です。

DSC_5707cb.jpg
最近撮影したカワセミ飛翔画像の中でも珍しい恰好で目付きが可愛らしく私の大傑作な一枚です。

DSC_5719cc.jpg
カワセミは川面に水平に飛び出た高さがある枝がが大好きなようです。

DSC_5807cb.jpg
枝から水平方向に飛び出てくれました。

DSC_5808cb_20141127214043caa.jpg
連続画面ですが川面の反射色が違うとこんなに感じも違ってきます。

DSC_5755cb_201411272140429e7.jpg
枝陰でホバリングですが撮影位置を移動する余裕はありませんでした。それにしてもホバは焦ります。

DSC_5869cb.jpg
2回目のホバも残念ながらバックシャンでした。

DSC_5872cb.jpg
ホバが終わって移動するところです。今日は2回ホバに遭遇して打率は10割ですが形が悪くて残念です。

DSC_5778cc.jpg
止まり物の解像度も文句ありません。レンズはなるべく少ない方が解像度が良いようです。

DSC_5779cb_20141127215322524.jpg
飛翔も連続で撮影出来ますが残念ながら目が光りません。

DSC_5780cb.jpg
この太陽の位置では目は光らないようです。

DSC_5781cb.jpg
自分の主羽の影が顔にかかってしまうのが残念です。

DSC_5798ca.jpg
羽を上げて顔に太陽の光が差してもこの位置では目に光線が入りません。

DSC_5804ca.jpg
この飛翔は真横から太陽が当たっているので目も光って飛翔も生きてきます。

DSC_5735cb.jpg
ペリットを後ろ側に跳ね飛ばしました。ペリットも後ろ側下に写っています。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/28(金) 06:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Y池の止まり棒に戻る雄若カワセミ    2014年11月22日(土)

止まり棒は置きピン撮影に最適だがちょっと寂しい  (BORG71FL+1.08Xフラットナー使用)

全国的にカワセミが飛来する池にはカワセミ愛好者が「恰好が良い枝」を設置しそこにレンズを向けて撮影する
人が多いようです。このY池もご多分に漏れず数本の止まり棒が設置してあります。その枝の上には紅葉の枝が
あり枝から獲物を狙って飛び込み魚を獲ると咥えて止まり棒に戻って餌を食べます。そして満腹すると止まり棒
から飛び込み水浴びをします。まだ餌が獲りたい時はそこから上の紅葉に移動します。この個体の習性は読めた
のですがそこは暗くISO3200でもSSは1/640秒以上になりません。それでもEVロックを使い明るい場所でロックし
撮影をすると止まり棒に戻る姿は置きピンで撮影が出来ました。しかしMFの川には「止まり棒」はなく自然のまま
の撮影が多いのでちょっと空しい寂しい気分になりましたが、池のように川から飛来してくるカワセミを待って撮影
するスタイルでは仕方がない事のようです。この池では行われていませんが餌付けをするような場所もあるようで
それがないだけでも良いのかも知れません。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP4727ca_201411271603145d9.jpg
水浴びで枝に戻るところが撮影できました。

IMGP4736cb_20141127160313516.jpg
大きく羽を広げてスピードを落とす制動姿勢で大好きな一枚です。

IMGP5054cb_2014112716031319e.jpg
魚を獲って水平飛翔して枝に戻ります。カワセミは飛び込んだ場所に戻る習性があるようです。

IMGP5055ca.jpg
池面が周りの紅葉や青い木々の葉で染まって綺麗な色に池面が染まっています。


【置きピン位置を枝に置いて撮影】
IMGP5061cb_20141127160312a8a.jpg
左奥に飛び込んだのでこの画像あたりから被写界深度に入ってフォーカスが合いだしました。

IMGP5062cc.jpg
水浴び飛び込み位置はカワセミの癖でだいたい同じ場所なので撮影位置を選べますが初めての場所は難しいです。

IMGP5063cc.jpg
このような場合は置きピンして枝戻りを撮影するのが確実です。

IMGP5064cc.jpg
まだ新米カワセミのようで勢い余って止まるのに苦労しているのでこういう画像も撮影できます。

【暗い場所でEV値を固定しSSを稼いで撮影】
IMGP4909cb_20141127160625758.jpg
運よく小魚を咥えて池面飛び出しから「止まり棒」戻りまでレンズを振って置きピンで連続撮影が出来ました。

IMGP4910cb_20141127160624e29.jpg
とは言っても飛び込み画像はシャッタータイミングが難しいので撮れていません。

IMGP4911cb_2014112716062429f.jpg
ちょうど飛び込んで池面に出てくる画像から連続撮影が出来ました。

IMGP4912cc.jpg
本来のSSは1/600秒位なので明るい場所にレンズを向けてSS1/1600秒に固定して撮影しました。

IMGP4912cc_20141127161025b7f.jpg
当然真っ黒な画面になりますがPC上で補正したのでノイジーになっています。

IMGP4913cb_201411271610242f7.jpg
枝に戻る寸前の制動姿勢に入りました。

IMGP4914cc.jpg
私が大好きな恰好をしてくれました。明るければ綺麗の撮れたのですが致し方ありません。

IMGP4915cc.jpg
この場所の雰囲気が判るようにトリミングしました。「止まり棒」から1m位上に紅葉の枝があります。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/27(木) 06:03:00|
  2. カワセミ雛・幼鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Y池撮れたで雄若カワセミの止まり物      2014年11月22日(土)

何処へ止まるか知らない新規場所の撮影は難しい (BORG71FL+1.08Xフラットナーで撮影)

今日の目的は紅葉カワセミが目的なのでフラットナー(7108)を取付けました。初めての場所ではカワセミが止まった
場所を見つけるのに苦労します。今日はマイフィールド(MF)ではないので走って追いかけるのは他のカメラマンや
散策の方に迷惑をかけるので大股で移動しました。綺麗で巡光の紅葉場所には止まってくれません。それでも足で
稼いで止まり物も積極的に手持ちや立ち木に鏡筒を添えて撮影しました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP5461cc.jpg

IMGP5421cc_20141127144325243.jpg

IMGP5457cc.jpg

IMGP5416cc.jpg

IMGP5454cc.jpg

IMGP5422cd.jpg

IMGP5415cc.jpg

IMGP5283cc.jpg

IMGP5273cc.jpg

IMGP5260cc.jpg

IMGP5093cb_201411271447308ec.jpg

IMGP5083cc.jpg

IMGP5080cc.jpg

IMGP4808cc.jpg

IMGP5355cb.jpg

IMGP5350cb.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/26(水) 18:03:00|
  2. カワセミ雛・幼鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車で20分のY池へ紅葉カワセミの撮影に行きました  2014年11月22日(土)

紅葉カワセミを求めY池へ行ったが思惑通りにに止まらない   (71FL+1.08フラットナー)

撮影仲間に誘っていただき、みいたんの車に同乗し朝8時にY池に到着しました。既に池のカワセミポイントには
540,856等の大砲組が準備をしています。私は三脚のカメラ取付けアダプターを外してそこへ80Φ鏡筒を置い
て撮影する方法で機動性をあげる事にました。しかし綺麗に色づいた紅葉が池面に生えて綺麗ですが皮肉にも
明るい場所には止まってくれません。ここには近くの川から2羽の雄、雌カワセミが来ているようですが居ついて
いるのは雄カワセミですが足がまだ黒く若鳥のようです。
それにしても初めての場所は勝手が判らず逆光位置での撮影も多く難しいですね。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP4820cc.jpg

IMGP4992cc.jpg

IMGP4894cc.jpg

IMGP4938cc.jpg

IMGP4767cc_2014112713483550d.jpg

IMGP4945cc.jpg

IMGP4969cc.jpg

IMGP4955cc.jpg

IMGP5040cc_20141127135130ca4.jpg

IMGP4972cc.jpg

IMGP5048cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/26(水) 06:03:00|
  2. カワセミ雛・幼鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

250mmにF1.7X AFアダプター取付けカワセミ撮影   2014年11月19日(水)

発売中のPENTAX F1.7X‐AFアダプターがビシバシ合焦するレンズ
                                               (250mm+F1.7X AFアダプター撮影)

BORGの必需品?であるAFテレコンはNikon TC-16AとPENTAX F1.7X AF ADAPTERでTC-16Aはディス
コンして中古しか手に入らずD300やD7100等のデジタルカメラに取付けるには「TC-16A」を改造しないと動作し
ません。
250mmレンズはF:4.5なので天気が良い日はシビアーなマニュアルで合わせるよりある程度フォーカスを追い込
んでAF釦を押して合わせてどの位撮影できるかを試したく天気の良い朝池に寄って撮影しました。1時間の撮影
時間で解像した満足な画像が撮れて一日中清々しい気持ちで楽しく仕事が出来たのは言うまでもありません。


撮影機材:250mmレンズ+ヘリコイドLⅡ+ヘリコイドDX+60mm延長筒+F1.7X AFアダプター+Pentax K-3

【餌を咥えて2m高のガマ穂先に戻ってきました】
この場所は既ブログ記事にも掲載したカワセミヒロ君が好んで止まる場所ですが直ぐに他へ移動し長居しません。
今日は30分もここに止り2m下池面の獲物を狙って飛び込みました。しかし逆光で位置によっては目が写りません。
飛び込むとここへ戻る事が判りレンズで追っても被写界深度から外れるので戻りを狙って撮影する事にしました。

※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP4588cb_20141121112121c8e.jpg
ここまで解像すれば文句はありません。250mmレンズには既存のヘリコイドの変化量が大きすぎるようです。

IMGP4589cc.jpg
足を掛けた瞬間ガマ穂の枯れた綿が飛び交っているのも写っています。

IMGP4590cb_201411211121207d3.jpg
カワセミが右横を向いてしまうと太陽を背にしてしまい目がみえづらくなります。。

IMGP4591cb_2014112111212033c.jpg
安定が悪く羽を大きく広げて向きを変えています。

IMGP4592cb_201411211121190b2.jpg
安定度の悪い場所ではいろいろな格好の画像が撮れます。

IMGP4595cc.jpg
この向きだと顔も写りベストです。

IMGP4596cc.jpg
太陽の当たる方向から撮れば順光できれいですがその場所からは距離が遠いの難しいです。

IMGP4597cc.jpg
太陽に向いてくれたので綺麗に撮れていますが格好が良くありません。

IMGP4598cc.jpg
もう少し羽を広げてくれればベストですがカワセミ任せの撮影なので仕方がありません。


【2匹の魚を咥えて止まりました】
IMGP4578cb_20141121112409e08.jpg
餌を咥えて戻ってきたのですが何と2匹の小魚を同時に咥えています。

IMGP4580cc.jpg
この画像ではみづらいのですが2匹を上手に咥えています。

IMGP4581cb_201411211124086dc.jpg
小魚(メダカ?)が群れていた場所へ突っ込んだようで2匹同時に捕まえられたようです。

【22日車で20分のY池の紅葉カワセミを250mmレンズ+TC-16A+D300で撮影】
紅葉カワセミの撮影にみいたんの車に同乗させていただき行ってきました。250mmレンズにNikon TC-16A+D300と
71FL+K-3を持参し撮影しましたので半AFテレコンのテストも兼ね紅葉カワセミを撮影しました。AFも問題なく動作
してくれました。71FLで撮影した画像はのちほどアップいたします。

DSC_5696cc.jpg

DSC_5701cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/25(火) 00:03:00|
  2. 躍動的なカワセミ達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M池でカワセミがガマ穂枯れ茎上に止まって餌獲り  2014年11月19日(水)

テレコンAFを使ってM池でカワセミヒロ君を撮影      (250mm+F1.7X AFアダプター撮影)

今日は「親指AF」を使いテレコンAFでフォーカスを合わせて撮影しました。カワセミヒロシ君は10m位離れた枯れた
ガマ穂の先に止まって30分もモデルになってくれました。今までこの場所に長時間止まっていたのは見た事があり
ません。再三書きますがこの池は周りを金網柵に囲まれていて機動性を無くす三脚を使わずに撮影する便利グッズ
「みいたんフック三号」が無ければ安定して数多く撮影は出来ません。
今回もこのフックに助けられて安定した画像が撮影できました。みいたん有難うございます。
カワセミヒロシ君、今週末も素敵なモデルになってくれると嬉しいな。


撮影機材:250mmレンズ+ヘリコイドLⅡ+ヘリコイドDX+60mm延長筒+F1.7X AFアダプター+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

【ガマ穂に戻る画像】
IMGP4394cb.jpg
飛び込んだあと追うシーンの撮影を諦め戻って来るのを見計らってシャッターを押しました。

IMGP4395cb_20141121135703f25.jpg
この画像が形も良く大好きな一枚です。

IMGP4408cb_2014112113570260e.jpg
本当はこういう画像を沢山撮影したいのが望みですがなかなかファインダーに抑えることが出来ません。

IMGP4411cb_20141121160013473.jpg
足が着く瞬間の画像で足の格好が可愛いです。


【止まっていて羽ばたく画像】
IMGP4636cb_20141121135950aa0.jpg
30分もファインダーを覗いてお付き合いしていると羽ばたく仕草もわかります。この画像は可愛いでしょう。

IMGP4463cb_20141121135949b62.jpg
向きを変える時には必ずと言って良いほど羽を広げて羽ばたき安定に止まるようにします。

IMGP4555cc.jpg
顔が見えればこういう格好は絵になりますが隠れてしまい残念!

IMGP4631cb_20141121135948a0b.jpg
これで目が光れば躍動的な姿が表現できるのですが・・・自然光で撮っているので致し方ありません。

IMGP4634cb_20141121135948158.jpg
こんな場所に足をかけているのでは安定に止まれずこういう格好をして止まり直しているのかも知れません。

IMGP4639cb_201411211359477b9.jpg
もう少し太陽の方向に向いてくれれば綺麗なのに・・・残念!

IMGP4648cb_20141121140540369.jpg
こういう後姿も絵になります。

IMGP4667cc.jpg
身体をひねって飛び出しましたが被写界深度に入らずボケてしまいました。


【こんな格好で上空を眺めています・・・・何か居るのかな】
IMGP4653cb_201411211405390d9.jpg
カワセミは上空に野鳥が飛んでくると警戒して見上げます。この辺りは都会だと思っていましたがツミや猛禽類も生息
しているようで警戒するのは当たり前のようです。

IMGP4664cc_20141121140538979.jpg
トリミング範囲を大きくして止まっている場所の雰囲気が判るようにしてみました。


【止まる過程が撮影できました】
IMGP4450cb_201411211408160ef.jpg
左隣のガマ穂から移動したタイミングで連写しながら追いました。少し甘い画像です。

IMGP4451cb_201411211408155af.jpg
止まる寸前では大きく羽を広げて制動姿勢をしてスピードを落とします。

IMGP4452cb_2014112114081502c.jpg
着地しましたが大きく羽ばたき出しました。

IMGP4453cb_20141121140815bed.jpg
羽ばたいて安定に止まるようにしています。

IMGP4454cb.jpg
何とか止まりました。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/24(月) 00:03:00|
  2. カワセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

250mmにF1.7XAFテレコンレンス一式は通勤鞄に収まる  2014年11月19日(水)

合成焦点425mm F:7.7レンズはA4通勤鞄で持運び可能 (250mm+F1.7XAFテレコン撮影)

機材を絞るには持運びの制限がある朝の出勤途上で撮影するのが一番で今回は半AF置きピン撮影に挑戦
しました。カワセミが居る池までは徒歩12分で池から駅までは10分と大変立地条件の良い場所に池があります。
250mmレンズにヘリコイドLIIとDXを2段重ねにすると無限遠~2mまで使えます。この意味するところはヘリコイド
の可変範囲が広い=微調がシビヤーになることです。前のブログでも山が掴みにくいとか被写界深度が浅いと
表現したのはヘリコイドを少し廻すだけでフォーカスがづれてしまう事でした。焦点距離が短いレンズにはヘリコ
イドDXよりもっと微調が効くヘリコイドが必要ですが、AFアダプターを取付けた意味がなく本末転倒ののようで
微調整はカメラに任せた方が良いことも撮影していて理解が出来ました。あとは瞬時に親指がAF釦を押せるか
どうかの様で時間をかけて習慣にしたいと思います。


撮影機材:250mmレンズ+ヘリコイドLⅡ+ヘリコイドDX+60mm延長筒+F1.7X AFアダプター+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

飛び物も解像度よく撮影できます】
IMGP4487cb.jpg
今日はマニュアルフォーカスは使わずF1.7X AFアダプターでオートフォーカスで合焦させ置きピン撮影しました。

IMGP4566cb_20141120143118b2d.jpg
ファインダーを覗いてマニュアルフォーカスで合わすとヘリコイドを少し動かすだけでフォーカスがづれてしまうので
250mm用の変化量がヘリコイドDXの半分位の製品が発売されると嬉しいです。

IMGP4401cb_20141120143118f52.jpg
こういう場所で飛び出されると左右横以外は被写界深度に入らず辛いです。

IMGP4368cb_20141120143117387.jpg
こういう場所は真横に飛ぶ位置を撮影点になるよう次に止まる位置を想定して割り出します。

IMGP4331cb_2014112014311751a.jpg
護岸からの飛び出しは半AFに頼って飛び出し位置にフォーカスを合わせてレンズを振るだけで撮影が出来ます。

IMGP4332cb_20141120143116baf.jpg
425mm F:7.7で15m離れた距離から撮影すると被写界深度は±29Cmあるので真下や横へ飛び出す画像はOKです。

IMGP4359cb_2014112014314172b.jpg
護岸を奥に移動しましたが何とかフォーカスも合っていますが飛翔の格好はいまいちですね。


【フェンス金網越しの近接撮影】
IMGP4258cc.jpg
金網の影響で誤動作を心配しましたがフォーカスはマニュアルで合わせるより確実です。

IMGP4266cc.jpg
池の大掃除で魚やザリガニ等が激減してしまったようで餌探しは苦労しているようです。

IMGP4269cc.jpg
池の住人カワセミ・ヒロシ君はあちらを向いたりこちらを向いたりとなかなか飛び込みません。

IMGP4272cc_20141120142737abe.jpg
やっぱりダメかなと言うような顔つきです。このあと数m離れた葦の枯れ枝に移動しました。

IMGP4237cc.jpg
暗い場所の枝に止まったので画質を犠牲にしてISO感度を上げてAFテレコンに頼ってフォーカスを合わせました。

IMGP4244cc.jpg
逆光位置でも撮影で画質は悪いのですがAFテレコンは動作してくれます。

IMGP4668cc.jpg
このような画像が沢山撮影できましたので順次アップします。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/23(日) 00:03:00|
  2. カワセミ雛・幼鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

scarlet

Author:scarlet
愛犬スカーレット(享年17歳)
カワセミ撮影にも助手席に乗り
お供してくれた良き相棒でした。
2012年4月18日永眠

レンズ
BORG
71FL・67FL・55FL・77EDⅡ・45EDⅡ
Nikon
105mm VR Micro f:2.8
18-200mm ED VR f:3.5-5.6
70-200mm ED VR f:2.8
300mm F:2.8D

レジューサー・フラットナー・テレコン
Nikon   TC-16A改造
         TC-14EⅡ
       TC-17EⅡ
        TC-20EⅡ
PENTAX  1.7XF-AFアダプタ-
REAR CONVERTER-A 1.4X-S
自作テレコン(TC-14Bレンズ流用)
BORG   0.7X (7870)
         0.78X(7878)
        1.08X(7018)
        1.04X(7784)
       1.4X (7014)
OASIS-35mmREDUCER DX 0.8X

カメラ
Nikon D300S
PENTAX K-5 K-3 
OLYMPUS E-PL1

Blog開始   2011年7月13日
カワセミ撮影開始2009年11月2日 

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カワセミ全般 (355)
カワセミ雛・幼鳥全般 (361)
カワセミ飛翔他 (583)
躍動的なカワセミ達 (211)
カワセミホバリング (186)
カワセミ水浴(杭も含む) (176)
カワセミ餌を捕獲(飛翔含む) (63)
カワセミバトル(睨合い含む) (62)
カワセミ求愛給餌(給餌含む) (60)
カワセミアップや止まりもの (70)
カワセミ雛への給餌(子育て) (49)
カワセミペリット吐き (25)
雛・幼鳥の水浴や飛翔 (33)
カワセミ交尾 (30)
カワセミ食事中 (19)
雛祭り(親カワセミと雛集合) (17)
カワセミ飛込み枝戻りシーン (15)
カワセミ巣穴の出入り (16)
カワセミ生態パターン (6)
カワセミストレッチ体操 (2)
仲間が撮影した画像 (3)
撮影機材 (20)
引き伸ばしレンズ (2)
BORGアクロマートAF試写画像 (3)
BORGアクロマート改造(玉抜き) (7)
BORGAF化(テレコンAF) (5)
NikonTC-16A改造とEV値 (1)
ヤマセミ全般 (53)
野鳥全般 (120)
カワセミ以外の話題 (27)

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


いつもの川より

カワセミの夫婦日記

カワセミハイスピード

スナフキンのように

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR