愛くるしく綺麗なカワセミ達

このブログはBORG望遠鏡レンズ(デジBORG)等で撮影したカワセミ画像が主で時々ヤマセミや野鳥の写真で飾ります。

今回は雛が2か所に分散したのでひな祭りが寂しい  2015年6月20日(土)

餌が少ないのか蛇ポイントが悪いのか雛が分散デビュー   (BORG71FL直焦点撮影)

今年の雛デビューは500m以上離れた場所に3羽毎に分散デビューしたので全羽集合の「ひな祭り」は期待できない
事は経験上から招致していて諦めムードでした。せめて4羽が集合した「ひな祭り」が撮影できれば大満足でしたが
1羽の雛が成長が早いのか自由行動が多く2羽の傍に近づいてくれません。
親と2羽が集まるチャンスは親が鳴きながら雛の居るエリアーに近づいて来ると2羽が親元に集まるので走って追って
行けば2回に1回は間にいあいます。しかし餌を持たずに来ることが多く持ってくると上下流へ餌を与えずじらしながら
雛を連れまわります。これも親が居ない時に隠れてじっとしているので運動不足を解消させ飛翔の訓練も兼ねている
ので追っかける私は振り回されてシャッターが切れません。ひょっとすると私の中性脂肪を燃焼させてくれているのかも
知れません。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0640cc.jpg

IMGP0713cc_2015062515145592a.jpg

IMGP0719cc_201506251514551f7.jpg

IMGP0725cc_20150625151454ecc.jpg

IMGP0726cc_20150625151454b4f.jpg

IMGP0730cc_20150625151453d58.jpg

IMGP0731cc_20150625151553aa0.jpg

IMGP0738cc.jpg

IMGP0739cc.jpg

IMGP0743cc.jpg

IMGP0781cc.jpg

IMGP0782cc_20150625151551858.jpg

IMGP0783cc.jpg

IMGP0784cc_20150625151631207.jpg

IMGP0785cc_20150625151631b18.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/30(火) 06:00:00|
  2. 雛祭り(親カワセミと雛集合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雛カワセミのホバリングシーンが撮影できた   2015年6月20日(土)

雛を撮影していると枝から飛び出ていきなりホバリング    (BORG71FL直焦点撮影)

ホバリングは予期しない時に起こることが多く撮りこぼしてしまうことが多いのですが雛カワセミは枝から飛び出て直ぐ
にホバってくれたので置きピンで撮影ができました。雛のホバリングはこの時期しか撮影できない季節物なので撮影
出来た事だけで嬉しくなります。但し止まる場所が低い枝が多いのでバックが煩くなるのは我慢しなければなりません。
そして半日で3回も撮影できるなんて贅沢です。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0006cc.jpg

IMGP0007cc.jpg

IMGP0089cc_20150624215216a4b.jpg

IMGP0091cc_20150624215215385.jpg

IMGP0092cc_2015062421521464c.jpg

IMGP0093cc.jpg

IMGP0094cc.jpg

IMGP0095cc.jpg

IMGP0096cc.jpg

IMGP0097cc.jpg

IMGP0098cb_20150624215314d95.jpg

IMGP0265cb_20150624215314141.jpg

IMGP0266cb_201506242154124fc.jpg

IMGP0267cb_20150624215412844.jpg

IMGP0268cb_20150624215411208.jpg

IMGP0269cb_20150624215411766.jpg

IMGP0270ca_20150624215410596.jpg

IMGP0275cb_20150624215410fa3.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/29(月) 06:03:00|
  2. カワセミホバリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下流側で雛が雌親から給餌を受けた      2015年6月20日(土)

親鳥は雛が分散しているので餌で釣って移動させる       (BORG71FL直焦点撮影)

この雛は一番南側のテトラポット横で見かけ撮影していると下流から雌親が魚を咥えて飛翔してきて親を追っかけ
上流へ向かったカワセミに追いつき撮影をしました。この傍には今日昼ごろに巣穴から誘導された雛2羽が居たの
で下流側には3羽が居ると確信が持てました。ここの雛はデビューが1番早い?この1羽とデビューし立ての雛が
いるので次週まで2羽が残ってくれることを期待したいです。
今回の給餌は時間も長く沢山撮影させてくれましたが、撮影距離が10m以下の場合は被写界深度が浅くなるので
こういう縦に並ぶ位置関係の時はフォーカス位置が難しいです。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0875cc.jpg

IMGP0881cc_20150625153630b3c.jpg

IMGP0882cc_20150625153629aae.jpg

IMGP0884cc_2015062515362958b.jpg

IMGP0886cc.jpg

IMGP0896cc.jpg

IMGP0897cc.jpg

IMGP0898cc.jpg

IMGP0906cc.jpg

IMGP0908cc.jpg

IMGP0922cc.jpg

IMGP0925cc.jpg

IMGP0930cc.jpg

IMGP0936cc_20150625154155281.jpg

IMGP0943cc.jpg

IMGP0945cc.jpg

IMGP0951cc_20150625154153a00.jpg

IMGP0953cc_20150625154153ab2.jpg

IMGP0956cc_201506251542478ca.jpg

IMGP0973cc.jpg

IMGP0975cc.jpg

IMGP0985cc.jpg

IMGP0991cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/28(日) 05:03:00|
  2. カワセミ雛への給餌(子育て)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親カワセミが時々餌を持たずに見回り?に来ます    2015年6月20日(土)

雛カワセミは親が来ると傍に寄っておねだりする        (BORG71FL直焦点撮影)

親カワセミは時々餌を持たずに見回りに来ます。そうすると雛が傍に寄って餌が欲しいとおねだりをします。
その恰好は姿勢を低くしてまるで子供が親の裾を引っ張る姿に似ています。親は堪り兼ねると嘴を大きく
開けて怒る仕草をします。しかし雛は諦めづ親鳥に迫っていきますが最後は親鳥が雛の頭や嘴に噛みつく
仕草で注意を促します。この格好がいじらしくて人間の子供のだだっこに似ていて微笑ましいです。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0788cc.jpg

IMGP0789cb.jpg

IMGP0790cc.jpg

IMGP0149cc_20150625143943d54.jpg

IMGP0667cc.jpg

IMGP0406cc_20150625144039515.jpg

IMGP0416cc_2015062514403890b.jpg

IMGP0451cb_20150625144038aa5.jpg

IMGP0457cc.jpg

IMGP0460cc.jpg

IMGP0461cc.jpg

IMGP0462cc.jpg

IMGP0463cc.jpg

IMGP0187cc_2015062514394086e.jpg

IMGP0172cc_20150625143943dba.jpg

IMGP0178cc_201506251439428f6.jpg

IMGP0181cc_201506251439413a3.jpg

IMGP0182cc.jpg

IMGP0521cc.jpg

IMGP0528cc.jpg

IMGP0534cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/27(土) 06:03:00|
  2. カワセミ雛・幼鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雛カワセミが餌獲り実地訓練で水面飛込み戻る  2015年6月20日(土)

雛カワセミは親が来ない間自分で餌獲りをする       (BORG71FL直焦点撮影)

雛がデビューして4日も経過すると給餌回数も減ってくるようで雛は待っている間水面を見ながらアメンボや小エビ
を見つけると水面に飛込んで捕獲します。親が給餌に来て食べているのを傍で見守り時々水浴びをしてみせます。
雛は見よう見まねで餌獲りを覚えるようで空腹になって仕方なく自分で獲るように親カワセミは餌の与える間隔を
開け仕向けているようです。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0359cc_20150625130640236.jpg

IMGP0361cc.jpg

IMGP0362cc.jpg

IMGP0363cc.jpg

IMGP0377cc.jpg

IMGP0378cb.jpg

IMGP0379cb_201506251307464e0.jpg

IMGP0382cb_201506251307455b3.jpg

IMGP0386cb.jpg

IMGP0387cb_20150625130744810.jpg

IMGP0114cc_20150625130744b80.jpg

IMGP0115cc_20150625130743a30.jpg

IMGP0116cb.jpg

IMGP0117cb_20150625130910fa0.jpg

IMGP0118cc_20150625130909c9e.jpg

IMGP0119cb.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/26(金) 06:03:00|
  2. 雛・幼鳥の水浴や飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雛カワセミの止まり物はマニュアルフォーカス泣かせ  2015年6月20日(土)

雛カワセミは手放しで可愛く見える       (BORG71FL直焦点撮影)

雛カワセミデビューの時期は雛を見つけストーカーをするのが一番撮影成果が上がります。しかし雛は黒っぽく
保護色なので枝の中に止まると周りと同化してしまい見つけるのに苦労します。まずは先駆者を見つけ止まる
場所だけでも教わると探すのが楽になります。出来るならここからあそこへ移動すると次は下流のあそこへ戻っ
て定位置はここだよと言う情報が得られれば雛の場合は親に着いて移動して見失っても教わった場所を丹念に
探せば見つかります。そして見つけたらまずSS1/100秒以上が確保できるようにISO感度を下げて設定します。
そして撮影したらSSを飛翔対応でSS1/1600秒位になるようにISO感度で設定しています。
雛は少し黒く工学ファインダーを覗いて目でフォーカスを確認しながら操作するのですが黒い産毛なのかフォー
カスの掴みどころがなく合焦しているのかヅレているのかが分かりづらいので瞬時に合わせるのは辛いです。
仕方がないので頭の髪の毛と目の輝きがはっきり見えるように合焦させていますがNG画像が多く泣かされます。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP0076cc.jpg
雛が2羽並んで止まりましたが左の雛は親鳥に近い羽の色ですが右側の雛は真っ黒クロスケでこんなに違います。

IMGP0601cc.jpg
雛の目つきは可愛いく見えますがコントラストが無いのでフォーカス合わせが辛い原因なのかも知れません。

IMGP0673cc_201506251341223d8.jpg
羽ばたいてくれましたが主羽も小さく感じます。

IMGP0674cb_20150625134122683.jpg
飛び立つ瞬間の画像です。

IMGP0830cc_201506251341217f0.jpg
親鳥が給餌に来る間何を見て何を考えているのでしょうか。

IMGP0110cc_2015062513412017c.jpg
こういう場所に止まるので露出設定泣かせです。

IMGP0214cc_201506251341202de.jpg
こんな場所に止まって泣かずにいると探すのに苦労します。

IMGP0215cc_20150625134228dc1.jpg
雛も2m位の枝上に止まるようになりました。

IMGP0216cc_2015062513422822a.jpg
バランスを崩して羽ばたきました。雛はこういう画像を撮影させてくれます。

IMGP0545cc_20150625134227884.jpg
給餌を受けた直後ですが対岸から撮影できれば給餌もバッチリ撮れたのですがちょっと残念です。

IMGP0569cc_20150625134227e4b.jpg
こんな大きなヨシノボリをもらったので食べる様子を撮影してみました。

IMGP0575cc.jpg
一生懸命に枝へぶつけて魚捌き中です。

IMGP0578cc_20150625134225c94.jpg
動かなくなったのを見計らって一騎に呑み込みだしました。

IMGP0581cc_20150625134327b55.jpg
喉元がこんなに膨らむんですね。この体の大きさでも胃袋は相当柔軟なのか驚きました。

IMGP0587cc_20150625134326f7e.jpg
殆ど呑み込みましたが首が寸胴でこんな恰好は見たことがありません。

IMGP0243cc_20150625134326e1b.jpg
護岸から飛び出し直後の飛翔姿です。

IMGP0244cc_20150625134325a9c.jpg
何とか2枚被写界深度に入った画像が撮影できました。

IMGP0282cb_20150625134324d33.jpg
餌獲り失敗し枝に戻るところですが雛は飛込んだ場所に戻らないことも多いので撮影者泣かせです。

IMGP0292cb_20150625134324f36.jpg
隣の枝に止まるようです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/25(木) 06:03:00|
  2. カワセミ雛・幼鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣立った雛カワセミの給餌を撮るのは雛をおさえる  2015年6月20日(土)

親が給餌に来ると私はマラソン大会が始まる            (BORG71FL直焦点撮影)

雛がデビューし4日も経つと雛の飛行訓練や餌獲り練習が始まります。親は鳴きながら飛来しますが待っている
雛の傍に止まらず5m位離れた枝に止まり腹を空かした雛はそこへ飛んでいきます。雛をマークしている私は全
速力で雛が飛んで行った場所目掛けて走ります。しかし両岸に止まる場所があるので手前側に止まると枝頭で
万事休すです。雛への給餌は雌カワセミに渡す求愛給餌に比べると渡す時間が長いのですが橋を回って向かい
岸に回るには全力疾走で200m走らなければならず指を咥えて諦めるしかありません。と言うことで給餌シーン
の撮影は50%以下ですが、BORGでマニュアルフォーカスなので到着後瞬時に合わせながらシャッターを押す
ので撮影できても液晶画面で確認するとボケていて「トホホ」状態も多いのが辛いところです。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP9916cd.jpg
今回は親と雛2羽の寂しい雛祭りしか撮影できませんでした。

IMGP9917cd.jpg
下側が親で上側が雛ですが一番上の雛は羽の色も親鳥に近く鮮やかで真ん中の雛は色がくすんでいます。

IMGP9920cb_20150624164459a97.jpg
親鳥が去ったので雛2羽が残りました。

IMGP9945cb.jpg
雌親が給餌に来てこの位置関係だと撮影距離が近く被写界深度が浅いのでどちらかのフォーカスが甘くなります。

IMGP9949cb_2015062416445821e.jpg
雛が餌を貰った直後に喜んでこういう格好をします。

IMGP9840cc.jpg
この画像から給餌シーンの画像を間引いてアップします。

IMGP9845cb_201506241649043e8.jpg
撮影位置から奥行き方向に並ぶとどうしても2羽が被写界深度に入らないのでフォーカス点を何処に置くかが課題です。

IMGP9850cb_2015062416490443c.jpg
この給餌画面はどうしても親鳥の身体に被って受け渡しの嘴が隠れてしまうのが欠点です。

IMGP9851cb.jpg
この画像をご覧いただくとこの給餌シーンの真横か45度移動できれば完璧ですが移動時間が取れません。

IMGP9853cb_201506241649036d7.jpg
雛への給餌受け渡しは雛の嘴奥に突っ込んで渡すので餌が小さい場合は短時間に受け渡せます。

IMGP9859cb_201506241649034fe.jpg
雛が餌を貰えた喜びを羽を広げて表現しているように見えます。

IMGP9860cb_20150624171224a8c.jpg
こういう画像が撮れた事で満足しないと罰が当たりそうですが被写界深度は常に考慮しないとイケません。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/24(水) 06:03:00|
  2. カワセミ雛への給餌(子育て)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MF今年初めてのカワセミ雛がデビューしました。 2015年6月20日(土)

MF初のカワセミ雛がデビューしたと聞き勇んで出動した  (BORG71FL直焦点撮影)

今年は蛇事件や新米?カワセミが巣穴を見つけられずペアー解消がありましたが、唯一順調に巣穴へ餌運びも
行われた上流Oy橋のペアーが17日に1羽の雛がデビューしました。その後2羽が五月雨式にデビューし3羽に
なりました。川仲間の情報では700m下流に1羽の雛か幼鳥が居事で他から侵入してきた幼鳥かもと思ってい
ましたが、この雛も朝給餌を受けたとBさんから聞き4羽なら嬉しいなと思っていましたが、上流では餌を咥えて
巣穴に向かう親カワセミの姿が目撃され、まだ巣穴に残っていることが話題になっていました。昼過ぎに家に戻る
途中Sさんが雛2羽が親鳥から給餌を受けたと教えてくれました。これで朝いた雛が上流の親鳥から給餌を受け
れば下流側に3羽がデビューした事になるのですが、偶然下流で離れた1羽がいて親鳥が餌で釣って上流へ
移動していき2羽の近くで給餌したので雛が6羽デビューしたと確信しました。それにしても2グループの雛は
橋4つを挟み距離は5-600mも離れていて一番最初にデビューしたと思われる雛は橋8つ離れた親鳥が餌探し
する最南端まで来ているので全員集合ひな祭りは難しい状況ですが下流側の雛はデビュー時期が遅れている
ので今週後半まで下流側で小規模雛祭りが開催されるかも知れません。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP9991cc.jpg
今年初めてMFで撮影した雛カワセミですが目が光ってくれなかったのが少し残念です。

IMGP9951cc.jpg
この雛カワセミの方が色が黒いようですが黒い産毛のせいで何かフォーカスが甘く見えるのは不思議です。

IMGP9954cb_20150624122156911.jpg
今年初めての雛カワセミ飛翔姿ですがISO250 SS1/640秒と言う止まりものを狙った設定で撮影しました。

IMGP9769cb.jpg
実はこの画像が川で初めて撮影した画像ですが飛翔を狙ったISO2500の設定で撮影したので艶がありません。

IMGP9774cc.jpg
止まりものはISO感度を下げて撮影するのが鉄則ですがついつい色気を出してSSを稼いでしまいます。

IMGP9808cc_20150624122154555.jpg
このシーンを狙うためにISO2500でSS1/1600秒での撮影です。

IMGP9809cc.jpg
上にある枝が被るのは承知して撮影しましたが撮影位置を探しても被らないで撮影が出来ない環境でした。

IMGP9815cc.jpg
カワセミの雛を探すときは水辺近い低い枝を探すのが鉄則です。

IMGP9822cd.jpg
こんな場所が好きで親が来るのを待っていても親は手前の枝等に止まり飛翔訓練をさせるので追っかけが大変です。

IMGP9826cd.jpg
こういう姿で親が来ると移動するので今日は14000歩という歩数を記録しました。

IMGP9787cc_20150624122327339.jpg
デビュー4日が経過しているのでアメンボ程度は自分で捕って食べていました。

IMGP9957cb.jpg
親鳥は上下流へ餌探しで飛び回ります。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/23(火) 06:03:00|
  2. カワセミ雛への給餌(子育て)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

器材テストも兼ねヤマセミが去ったので77EDIIに組替えた 2015年6月17日(日)

BORG77EDIIは価格の割に性能が良さを再確認  (BORG77EDii直焦点撮影)

前夜、川仲間に撮影環境を聞くと「対岸までは100mはあるよ」と言う事で71FL+1.4Xテレコンで撮影
しようと決めましたが510mm F:6.6の77EDIIが寝ているのを思い出し予備で持参する事にしました。
77EDIIを組上げ最終確認で無限遠が合焦する事を遠くの電灯で認してヘリコイドMの動きがヘリコイドLII等と
逆な動きをすることに気付きました。最近は60φ用のヘリコイドの操作に慣れていて右に回転すれば遠方へ
左で近ずく事が手に染みついて操作に戸惑うので60φのヘリコイドLIIとDXを使って同じ仕様にしました。
昼過ぎには71FLである程度ヤマセミ画像が撮れて余裕が出たので71FLを外し、次に現れる事を期待して
予備で持参した77EDII直焦点に組替えファインダーを覗くと1.4Xテレコンを付けた71FLがF:7.9だったので
F:6.6は明るく見えフォーカス操作も快適なのが良く判り、焦点距離が560mmと510mmの差は感じません。
あとはヤマセミが来てくれる事に期待して待ちました。暫くすると雄ヤマセミが前回と同じ枝に止まりました。
ヤマセミに置きピンして待っていると下流へ飛び去って行きましたがカワセミ撮影で飛翔を追う操作には慣れて
いるので、レンズを振ると何と21枚の連続飛翔が撮影出来ました。撮影ポイントは川原を一望出来て距離が
ありヤマセミが大きいのが幸いしたようです。
77EDIIもけっこういける事が判り画面の中心に収めれば直焦点の性能が再確認出来てレンズは使い分け
する必要とBORGは直焦点が性能を発揮出来る事が理解出来、ますます明るい長玉が欲しくなりました。


撮影機材:BORG77EDII+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+ヘリコイドDX+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP9727cb_20150618171331bc6.jpg
ヤマセミ撮影はEV補正をいつもの設定より-0.3位多く補正しないと白飛びで台無しな画像になってしまいます。

IMGP9728cc_20150618171330574.jpg
71FL+1.4Xテレコン画像より解像度とコントラストが取れているようで直焦点の魅力を発揮してくれました。

IMGP9729cb_2015061817132923d.jpg
飛び出し画像から連写で連続画像が撮れましたのでご覧下さい。

IMGP9730cb_201506181713294fb.jpg
ヤマセミの羽の広げ方や飛翔姿がいっぺんに撮影が出来ました。

IMGP9731cb_201506181713289b8.jpg
カワセミ撮影で習得した撮影方法がヤマセミでも使え大満足です。

IMGP9732cb_20150618171512b9f.jpg
どなたかが野鳥撮影はカワセミに始まりカワセミに終わると話していましたが同感です。

IMGP9736cb_20150618171512cb2.jpg
この飛翔姿は格好が好きですがバックにミドリの葉が写りこんでバランスが良い画像です。

IMGP9737cb_20150618171511975.jpg
ヤマセミ撮影には大砲レンズが必要と言うのはヤマセミの居る場所の環境状況から判る気がします。

IMGP9738cb_20150618171510e71.jpg
BORG直焦点で機敏に撮影するには光学ファインダで機敏なフォーカス合わせが必須事項のようです。

IMGP9739cb_201506181715104fc.jpg
光学ファインダーで目視しながらフォーカスを合わす操作にヤマセミのゼブラ模様は大変合わせ易く助かります。

IMGP9740cb_2015061817150993f.jpg
光学ファインダーのフォーカス合わせはF:8の明るさが限界でそれ以上絞ると山が掴めません。

IMGP9741cb_201506181716215d9.jpg
そのため明るいレンズでは絞りを開けてフォーカスを合わせから適正絞りに絞る操作が必要です。

IMGP9742cb_20150618171620804.jpg
この一連画像は1枚目のヤマセミに置きピンして飛び出しと同時にシャッターを連写しレンズを振って撮影しました。

IMGP9743cb_20150618171620cfe.jpg
うまく流し撮りで振ると連続飛翔が撮影できることに驚きました。

IMGP9744cb_20150618171619ea6.jpg
撮影位置が対岸と直角な位置で遠いのも功を奏しているようです。

IMGP9745cb_20150618171618f82.jpg
被写界深度を調べてみると撮影位置が100mあると1.5m幅がフォーカス範囲になるようです。

IMGP9746cb_20150618171618abf.jpg
初めてヤマセミを撮影してこれだけ撮れれば大満足でBORGレンズの良さを再確認出来ました。

IMGP9747cb.jpg
今回は三脚を利用して撮影しましたが手振れ画像も少なく三脚の有用性も再確認です。

IMGP9748cb.jpg
三脚には動きが自由なビデオ用雲台を使っているので動きもスムーズで流し撮りには最適です。

IMGP9749cb.jpg
護岸の川原の石と同化してしまい何処を飛んでいるか判らない状況でした。

IMGP9750cb.jpg
今回のように思った流し撮り操作が出来ると「やtったー」と叫びたくなります。77EDIIは現役を退き処分しようと思った
矢先でしたが当分これに代わるレンズが購入出来るまで予備として大事に寝かせておきたいと思いました。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/21(日) 05:03:00|
  2. ヤマセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2羽のヤマセミが蛇篭から交互に飛び出し戻る画像    2015年6月14日(日)

ヤマセミも着地する寸前には同じような制動姿勢をとる  (BORG71FL+1.4Xテレコン)

ヤマセミはカワセミの親戚なので枝や石上に止まる寸前にスピードを落とす制動姿勢が似ていることに気が付き
ました。その恰好はカワセミと同じようなのけ反って足をあげる滑稽で愛くるしい恰好です。
今回はペアーのヤマセミが蛇篭から飛び出て戻る画像が撮影出来ました。こういう画像を狙う時はいつ飛び出す
か判らないヤマセミを狙ってシャッター半押し状態なので止まり物の高画質撮影設定は諦める選択をします。
止まり物は極力ISO感度を下げてSSも1/100病以上確保出来るように設定して撮影するので、そのままの設定で
は飛翔したヤマセミはボケボケになってしまいますので割り切りも撮影では重要な選択になります。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+1.4Xテレコン(7014)+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP9439cb_20150618154547d3c.jpg
背景に緑がないとまるでモノクロームの世界です。

IMGP9420cc_20150618154432405.jpg
雄ヤマセミが掘りかけの巣穴から川にあった蛇篭に戻ってきました。

IMGP9421cc_20150618154431f87.jpg
着地寸前の制動姿勢ですが全くカワセミの着地姿勢と変わりがありません。

IMGP9422cb.jpg
雌ヤマセミが御苦労さまとでも声をかけているのでしょうか。

IMGP9350cc.jpg
雌ヤマセミが戻ってきました。雌は羽の裏付け根あたりがダイダイ色なのが特徴で見分けがつきます。

IMGP9351cb_201506181544304a0.jpg
雄雌ヤマセミが向かい合い雌の尻尾が後ろに反りかえって恰好が良いシーンです。

IMGP9352cb_201506181544291e8.jpg
雄が右側を向いてしまっています。

IMGP9434cb_201506181545475c6.jpg
このツウショットも可愛らしい姿です。

IMGP9440cb_2015061815454641e.jpg
このツウショットもどうですか。

IMGP9441cc_20150618154545b2f.jpg
雌ヤマセミが巣穴確認に飛び立ちました。

IMGP9442cc.jpg
タイミング良くシャッターが押せたので飛翔が連続で撮影出来ました。

IMGP9443cc_20150618154544872.jpg
ここまで羽を広げると雄雌の区別がはっきりと確認が出来ます。

IMGP9511cb_2015061815471354e.jpg
蛇篭の手前でスピードを落として着地の準備に入ります。

IMGP9512cb_20150618154712168.jpg
これは雄ヤマセミで羽の内側が白い色なので雄ヤマセミです。

IMGP9550cb_20150618154712266.jpg
この制動姿勢をとっているのは雌ヤマセミです。

IMGP9553cb_201506181547115fd.jpg
この着地寸前の姿が私は大好きでたまりません。

IMGP9554cb.jpg
この不安定な姿が何とも言えない大好きな姿です。

IMGP9559cb.jpg
このように代わる代わる巣穴へ向かって飛び出していきます。

IMGP9593cc.jpg
戻ってきてスピードを落とす制動姿勢です。

IMGP9594cc.jpg
雌ヤマセミに向かって戻ったよと言うような仕草に見えます。

IMGP9639cc_20150618154827f52.jpg
雄が飛び出していきました。

IMGP9640cc.jpg
ヤマセミまでの距離があるので連写しながらレンズを振れば飛翔は撮影距離が近いカワセミより楽に撮影出来ます。

IMGP9641cc.jpg
このような画像が量産出来たのはテントの場所を決めてくれた川仲間のお陰です。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/20(土) 04:03:00|
  2. ヤマセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

scarlet

Author:scarlet
愛犬スカーレット(享年17歳)
カワセミ撮影にも助手席に乗り
お供してくれた良き相棒でした。
2012年4月18日永眠

レンズ
BORG
71FL・67FL・55FL・77EDⅡ・45EDⅡ
Nikon
105mm VR Micro f:2.8
18-200mm ED VR f:3.5-5.6
70-200mm ED VR f:2.8
300mm F:2.8D

レジューサー・フラットナー・テレコン
Nikon   TC-16A改造
         TC-14EⅡ
       TC-17EⅡ
        TC-20EⅡ
PENTAX  1.7XF-AFアダプタ-
REAR CONVERTER-A 1.4X-S
自作テレコン(TC-14Bレンズ流用)
BORG   0.7X (7870)
         0.78X(7878)
        1.08X(7018)
        1.04X(7784)
       1.4X (7014)
OASIS-35mmREDUCER DX 0.8X

カメラ
Nikon D300S
PENTAX K-5 K-3 
OLYMPUS E-PL1

Blog開始   2011年7月13日
カワセミ撮影開始2009年11月2日 

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カワセミ全般 (355)
カワセミ雛・幼鳥全般 (361)
カワセミ飛翔他 (591)
躍動的なカワセミ達 (212)
カワセミホバリング (186)
カワセミ水浴(杭も含む) (176)
カワセミ餌を捕獲(飛翔含む) (63)
カワセミバトル(睨合い含む) (62)
カワセミ求愛給餌(給餌含む) (60)
カワセミアップや止まりもの (70)
カワセミ雛への給餌(子育て) (50)
カワセミペリット吐き (25)
雛・幼鳥の水浴や飛翔 (33)
カワセミ交尾 (30)
カワセミ食事中 (19)
雛祭り(親カワセミと雛集合) (17)
カワセミ飛込み枝戻りシーン (15)
カワセミ巣穴の出入り (16)
カワセミ生態パターン (6)
カワセミストレッチ体操 (2)
仲間が撮影した画像 (3)
撮影機材 (20)
引き伸ばしレンズ (2)
BORGアクロマートAF試写画像 (3)
BORGアクロマート改造(玉抜き) (7)
BORGAF化(テレコンAF) (5)
NikonTC-16A改造とEV値 (1)
ヤマセミ全般 (53)
野鳥全般 (120)
カワセミ以外の話題 (27)

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


いつもの川より

カワセミの夫婦日記

カワセミハイスピード

スナフキンのように

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR