愛くるしく綺麗なカワセミ達

このブログはBORG望遠鏡レンズ(デジBORG)等で撮影したカワセミ画像が主で時々ヤマセミや野鳥の写真で飾ります。

ハスカワセミ撮影でカワセミが来る間オナガサナエを撮影  2015年7月26日(日)

ロケハン途中で池のトンボとアオサギを撮影       (BORG71FL直焦点撮影)

撮影に必要な情報収集で池を巡る遊歩道を歩いていると池の枝でトンボが場所取り争奪戦を演じていました。
ファインダーを覗くと尻尾に特徴がある「オナガサナエ」だと言う事が家に戻って判明しました。その場所へ
シオカラトンボが飛んできて追い出しをしますがまた戻ってきます。その傍にアオサギが飛来して羽を広げて
羽を干しているような珍しい姿をしていました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2639cc_201507291620459c0.jpg

IMGP2636cc_20150729162045f58.jpg

IMGP2690cc_20150729162045d85.jpg

IMGP2694cc.jpg

IMGP2700cc_201507291620448e1.jpg

IMGP2704cc.jpg

IMGP2709cc.jpg

IMGP2711cc.jpg

IMGP2714cc.jpg

IMGP2715cc.jpg

IMGP2640cc_20150729162212383.jpg

IMGP2643cc.jpg

IMGP2654cc_20150729162337736.jpg

IMGP2658cc_20150729162336d0b.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/31(金) 23:03:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BORG71FLでヤマセミ飛び出し画像が撮影出来ました   2015年7月25日(土)

ヤマセミの餌獲りが撮りたいが餌獲りせずに飛び去る   (BORG71FL直焦点撮影)

6時32分とその後6時45分トビが去った枝にヤマセミややって来て飛び去りました。ヤマセミの飛び出し姿勢は
読み易く飛び去る飛翔が連続で撮影出来ました。カワセミより撮影距離が遠いこともありますが横に飛び出す
連続飛翔はうまくファインダーに収まってくれます。カワセミはMFの手軽な場所にいて何時でも撮影できる環境で
そこで培った飛翔撮影技術はヤマセミでもクマタカでも通用するようでカワセミ達に感謝です。
「野鳥撮影はカワセミに始まりカワセミで終わる」と言う奥深い言葉が何となく理解出来るようになりました。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2150cc.jpg
こんな恰好で枝でまったり休んでいたヤマセミが何かの気配で飛び出しました。

IMGP2151cc.jpg
後で判ったのですが犯人はアオサギが止まっていた枝目掛けて飛来したのが原因でした。

IMGP2152cc.jpg
主羽の内側が真っ白なので雄ヤマセミです。

IMGP2153cc.jpg
飛んでいるヤマセミの頭の毛が立っていると絵になります。

IMGP2154cc.jpg

IMGP2155cc.jpg

IMGP2156cc.jpg

IMGP2162cb_201507281404251fc.jpg

IMGP2178cc.jpg
上のヤマセミが飛び出したのはアオサギが飛来し止まっていた枝を占拠したためなようでゆっくり狩りも出来ません。


IMGP2190cc.jpg
この枝はトビが飛来して止まっていた場所ですがそこへヤマセミがやってきました。

IMGP2192cc.jpg
上のアオサギが止まった枝より近く撮影条件は良いようです。

IMGP2194cc.jpg
尻尾を上げた格好は大好きですが真横から撮らして欲しいです。

IMGP2204cc.jpg
これは珍しい滑稽な格好です。

IMGP2210cc.jpg
運がよく撮影位置から垂直な方向に理想的に飛び出しました。

IMGP2211cc.jpg
あとは如何にレンズを飛翔方向に振って追従するかが結果に表れます。

IMGP2212cb_20150728140541d54.jpg
今回現れたヤマセミは雌のようです。

IMGP2213cb.jpg
今回は2羽が同時に現れませんでした。

IMGP2214ca.jpg
この飛翔姿は格好が良く大好きです。

IMGP2215ca.jpg

IMGP2216ca.jpg
これだけ憧れのヤマセミ飛翔が撮影出来れば大満足で帰れますがおまけで迷彩テントを駐車場に積み忘れて
しまいましたがこれを後の祭りというのでしょうか。川仲間に購入していただいたものを・・・・すいません。


【ヤマセミ撮影のあとクマタカ撮影に行きました   (77EDII+1.08Xフラットナー撮影)】
IMGP2266cb.jpg
到着直後に空を舞う姿が見られましたがその後3時間半戻って来ないので諦め家路につきました。

IMGP2267cb.jpg

IMGP2291cc.jpg

IMGP2292cb_20150728160724d04.jpg

IMGP2254cc_20150728160723ed3.jpg
アオサギがヤマセミポイントの傍で木の天辺に止まり羽ばたいていました。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/31(金) 00:03:00|
  2. ヤマセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ヤマセミ撮影は朝早すぎるので睡眠不足ぎみ  2015年7月25日(土)

車載ナビの指示は煩わしいが聞くべき時もある       (BORG77EDII&71FL)

今日は川仲間が先に引き上げるので自分の車で向かいましたが、いつも夜中暗い道の助手席に大名気分
で乗っているので集中力に欠け何処を走っているのかも判らず無事に一人で着けるかちょっと心配です。
ナビに行き先を登録して4時現場着の約束で出発しナビは直進を支持しましたがAインターで一般道に降り
走行するとナビは戻れ戻れと指示しますが「うるさい」と呟きながらそのまま走行しましたが記憶の風景では
ありません。暫くするとナビも再検索で一般道の直進に変更表示、1つ前のインターで降りた事に気づきました。
約束時間に遅れると焦っていると川仲間から連絡があり現場手前の休憩ポイント到着で時間に遅れると
事情を話し先に行ってもらいました。
現場に着くと空は白けテント設営に丁度良い明るさで設営後5時過ぎにヤマセミが現れました。BORG77EDII
+1.08Xフラットナー(550mm F:7.2)でISO3200にしてもSS1/80秒です。これではシャッターを指で切るだけ
で手振が起きそうなのでリモコンSWを使いました。フォーカスはLMF-1でLV拡大機能とピーキングを使い合せます。
ファインダーの画像は朝靄で白く霧っているのをレンズが曇っていると勘違いしテントから不用意に出るとヤマセミ
は去っていきました。その後は7時まで順調に5回現れ先上がりした川仲間を見送り10時まで粘って待つも
ヤマセミは現れません。何と後ろを見るとテントも張らず年配夫婦が日傘を指し派手な服装でヤマセミ撮影を
していました。これではだめだという事で引き揚げました。


撮影機材:BORG77EDII+M75絞り+80φドロチューブ+LMF-1+1.08Xマルチフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2010cc.jpg
朝5時は暗くISO3200でもSS1/60秒なのでレリーズリモコンを使用してシャッターを切りました。

IMGP2015cc.jpg
フォーカスはLV拡大機能とピーキングを使い精細に合わせてあります。あとは手ブレを最小限にすることだけです。

IMGP2019cc.jpg
ヤマセミの兜?は素敵です。撮影仲間は328+2XテレコンでSS1/200秒だそうでBORG77EDIIは暗いことが判ります。

IMGP2034cc.jpg
550mm+APS-Cで825mmですがこのような条件では800mm位のF:5.6で明るいレンズが欲しいです。


撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLII+PENTAX製ヘリコイド+PENTAX K-3
あまりに暗く操作も大変なので71FL(400mm F:5.6)に変更し撮影
IMGP2083cc_201507281309404e1.jpg
レンズが短いのでトリミングを横3000ドットから2500ドットに変更しリサイズしてあります。

IMGP2093cc_201507281309405cf.jpg
太陽光設定で撮影したので色が少し黄色っぽいですが解像度も77EDIIとそれ程変わらないようです。

IMGP2118cb_201507281306056ff.jpg
ISO2500 SS1/200秒で飛翔を狙ってみましたがこんな画像にしかならず明るくなるのを待つしかありません。

IMGP2128cc.jpg
5時47分ヤマセミ止まり棒にトビが飛来して嫌な予感です。

IMGP2130cb_20150728131752d43.jpg
6時26分ヤマセミが心配をふっ飛ばすように飛来しました。明るくなりISO3200 SS1/1000秒まで上がってきました。

IMGP2131cc.jpg
これで飛翔も撮影できそうですが飛び出し画像は次のブログの楽しみにお待ち下さい。


【PENTAX K-3のホワイトバランスAWB設定には癖がある事が判った】
今回の撮影はヤマセミが動かなかったので撮影後液晶で確認すると画像が赤みを帯びていたのでLVで液晶画面を
確認しながらホワイトバランス設定を「AWB」、「太陽光」、「日陰」、「曇天」に変更して撮影してみました。
朝まだ日が当たらないので日陰が良いかと思いましたが目で見て本物に近い設定は「曇天」でした。今までオート
ホワイトバランスで設定して使っていましたがテント内で背面液晶画面が使えたので再発見です。これからは駒目
に設定を変更して使いたいと思います。
【ホワイトバランス オート設定】
IMGP1995cb.jpg
朝靄ですがどうみても実物から離れた色でマゼンダのような色調で不自然です。

【ホワイトバランス 日蔭設定】
IMGP1998cc.jpg
少し青が協調されてしまいこれも不自然です。

【ホワイトバランス 太陽光設定】
IMGP2093cc.jpg
木々の葉の色が黄色ぽくなります。色温度が合わないので仕方がありません。

【ホワイトバランス 曇天設定】
IMGP2083cc.jpg
曇天の日は日蔭より色温度が低く太陽光より高い設定がこの場には一番合っているようです。
色温度は日蔭が一番高く9000度、曇天7000度、太陽光6000度になり白熱電球は3000度です。人間の眼は白の
記憶色を基準に自動変換するので同じ白い紙を日向や日陰に持っていっても同じ白に見えますがカメラは正直
です。それにしてもK-3,K-5は暗い日陰でAWB設定にすると誤動作が多いようで注意が必要です。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/30(木) 06:03:00|
  2. ヤマセミ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヤマセミ・クマタカ遠征から戻りツミの雛を撮影  2015年7月25日(土)

ツミの雛は下腹部の白い産毛以外は色形同じになった  (BORG67FL+1.08Xフラットナー)

ツミの雛は5羽元気に飛び回り隣のお屋敷まで飛んで行くようになりました。そろそろ雛という表現を若鳥とか幼鳥
に変更した方が解り易いかも知れません。カワセミでは自分で餌獲り出来るようになると幼鳥と言ったり飛散して
きた場合若鳥と言っていますが、今後は若鳥と表現したいと思います。
今日は朝3時起きし14時に戻り夕方4時過ぎから一時間ツミの若鳥を撮影しました。今日はツミ若鳥の水飲みが
撮影出来ました。若鳥の下腹部に白い産毛に奇麗なハートマークが残っているのも確認出来ましたが親鳥と区別
出来る場所は眼の色とハートマークだけになってきました。一か月位は親と一緒に生活するようですが飛散時期が
刻一刻と迫ってきているようです。ツミは連日撮影しているので先にアップしますがヤマセミやクマタカの記載は
この後に続けたいと思います。


撮影機材:BORG67FL+ヘリコイドLII+ヘリコイドDX+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP2540cc_201507291032455d0.jpg
雌親は公園で若鳥の危機管理に余念がありません。

IMGP2545cc_20150729103242514.jpg
飛び出した直後に手持ちで下から撮影しました。

IMGP2357cc.jpg
目の周りも黄色くなってきて胸の毛も縞模様で雌親と区別がつきませんが尻尾の下の産毛に茶色の斑点があります。

IMGP2358cc.jpg
この画像では尻尾の下の白い産毛にハートマークが浮き出ています。この個体は雌なのかも知れません。

IMGP2386cb.jpg
枝の間を飛び出る飛翔姿です。

IMGP2387cb_201507291032435ce.jpg
こういう飛翔画像は手持ち撮影の得意とするところです。

IMGP2406cc.jpg
若鳥が水を飲みたくて慎重に周りを気にしながら水溜り傍へ下りてきました。

IMGP2408cc.jpg
地面を歩く格好は滑稽な姿です。

IMGP2460cc.jpg
水溜りへ移動し水を飲む姿を撮影しました。

IMGP2480cc.jpg
夕方で太陽の色温度が下がってきたので奇麗な色の仕上がりになりました。

IMGP2486cc_2015072910335125b.jpg
この水溜りも少し前まで遊んでいた子供が水遊びで傍の水飲み場の蛇口からまいて作られたものです。

IMGP2503cc.jpg
目の周りも黄色く縁取りしているので雌の若鳥かも知れません。

IMGP2517cc_20150729103505624.jpg
そおっと移動しながら位置を変えて撮影しました。

IMGP2520cc_20150729103505efe.jpg
無防備になるので慎重に周りを気にしながら水浴びしています。

IMGP2524cc_201507291035046f2.jpg
この状態が一番無防備ですが、若鳥もオナガに追い払われるので自然と危機管理能力が身に付くのでしょう。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/29(水) 18:03:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツミの雛はお腹下の真っ白な産毛以外は親と似てきた  2015年7月24日(金)

ツミ雛の羽ばたく姿が身近で撮影できた       (BORG55FL直焦点撮影)

A4サイズの通勤鞄に入る55FLは250mm F:4.5とBORGレンズでは明るいレンズなので絞りを取り付け使って
いますが天気が良いと35mm位に絞って使うと被写界深度が稼げます。当然手持ちで撮影するのですが軽くて
操作性も良くこういう狭く撮影場所が近い撮影には好都合です。もともとカワセミの雛祭り撮影用に用意したレンズ
ですが、今年はカワセミの子育てが不調で本来の目的に使えていません。このレンズにPENTAX純正1.7X AFテレコン
を取付ければ半AF撮影が可能で425mmのレンズとして使えるので機材に制限がある場合には好都合です。
この公園でツミを撮影するのに最適なレンズは67FLですがこれでは鞄に収まらず、こういう時には一番役立つ
レンズが55FLのようです。兄弟がけん制しながら羽ばたくシーンが撮影出来ました。


撮影機材:BORG55FL+ヘリコイドLII+ヘリコイドDX+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1866cc.jpg

IMGP1886cc_20150727215349964.jpg

IMGP1888cc_20150727215348034.jpg

IMGP1923cc.jpg

IMGP1925cc_2015072721534757f.jpg

IMGP1926cc_2015072721534661e.jpg

IMGP1927cc_20150727215446ca8.jpg

IMGP1928cc_20150727215445d5a.jpg

IMGP1929cc_20150727215445c3f.jpg

IMGP1930cc_20150727215444f29.jpg

IMGP1931cc_20150727215443263.jpg

IMGP1935cc.jpg

IMGP1939cc.jpg

IMGP1947cc_20150727215526204.jpg

IMGP1967cc.jpg
上空に群れをなして飛ぶ野鳥がいたので上を向けてフォーカスを合わせてシャッターを切りました。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/29(水) 12:45:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツミの雛の様子が気になり出勤途上で公園に寄った  2015年7月24日(金)

巣立ったツミの雛は元気に枝から枝に飛び回る       (BORG55FL直焦点撮影)

カワセミが閑散期なので身近な公園にいるツミの雛の様子を見に立ち寄りました。雛は5羽公園の枝を飛び回り
時々オナガがいる樹に止まるとツミから猛攻撃を受けます。雛は一目散で他の枝に移りますが給餌を受けた直後
は活発に動き回ります。枝に止まると羽ばたいたり枝を折ったりいたづら三昧のようです。
カワセミの子育てに比べるとツミの雛は自分で餌獲りが出来るまで面倒を見るようで1か月位親と一緒に暮らす
ようで、カワセミの一週間に比べると恵まれているようです。


撮影機材:BORG55FL+ヘリコイドLII+ヘリコイドDX+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1749cc.jpg

IMGP1759cc.jpg

IMGP1767cb_20150727214722ae9.jpg

IMGP1785cc_201507272147223f4.jpg

IMGP1792cc.jpg

IMGP1818cc.jpg

IMGP1819cc_20150727214829714.jpg

IMGP1820cc_20150727214829538.jpg

IMGP1850cc_20150727214828778.jpg

IMGP1851cc_2015072721482802b.jpg

IMGP1852cc_201507272148275a4.jpg

IMGP1857cc_20150727214827c87.jpg

IMGP1858cc.jpg

IMGP1860cc.jpg

IMGP1861cc.jpg

IMGP1975cc.jpg

IMGP1976cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/29(水) 00:03:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマタカの大きさも比較対象物がないと分からない  2015年7月20日(月)

空を舞うクマタカの姿は優雅で撮影が楽しい       (BORG77EDII+1.08Xフラットナー)

クマタカはデータを見ると大きいのですが300m先で優雅に舞う姿は比較対象になるものが無いので大きさが
分かりません。レンズはBORG77EDIIで天体や野鳥撮影入門用として売られている手頃な値段です。最近は
BORGからフローライトレンズが発売され周辺色収差やキレやヌケが違うとカワセミ撮影に使わなくなっていた
レンズです。私のMFは川幅が狭く400mmレンズで十分なのも使わなくなった理由ですが、それ以外にも周辺の
ボケた枝の上下に青と赤のニジミが出るのも気になっていました。今回はこれを改善して周辺まで使えるように
1.08Xマルチフラットナーを取付けました。この場所は800mmクラスのレンズが良いように思えるので次回は1.4XXテレコン
を取付けて撮影したいのですが710mm F:9.3になってしまい飛翔時のフォーカス合わせが難しくなるので躊躇して
います。


撮影機材:BORG77EDII+M75絞り+80φドロチューブ+LMF-1+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1503cc.jpg

IMGP1504cc.jpg

IMGP1505cc.jpg

IMGP1507cc_20150724162616add.jpg

IMGP1509cc.jpg

IMGP1510cc.jpg

IMGP1511cc.jpg

IMGP1512cc.jpg

IMGP1515cc.jpg

IMGP1516cc.jpg

IMGP1570cc_20150724162727293.jpg

IMGP1571cc_20150724162726fde.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/28(火) 05:03:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クマタカがどんな野鳥かも知らず撮影に行ってしまった。  2015年7月20日(月)

クマタカが鷹の王者で貴重な野鳥とは知らなかった (BORG77EDII+1.08Xフラットナー)

ヤマセミがボウズ状態で行きがけの駄賃のような感覚でクマタカポイントに向かいました。最初にクマタカと
聞いた時にオオタカと何が違うのと素朴な疑問を仲間にぶつければ解決したのですが恥ずかしく聞けず家
まで戻ってネットで調べると「イヌワシは翼を広げた長さ(翼開長)が2m近くもある空の王者でクマタカの翼
開長はイヌワシより短く150-160cmで、翼の幅(翼幅)はイヌワシとほぼ同じ40cmです。つまりイヌワシの
翼はグライダーのように細長く、クマタカの翼は奴凧のように幅広く丸みを帯びています。」と書いてありま
した。クマタカは日本の森林に合うよう林の中でも狩りが出来るように小回りが利く翼開長なんだそうです。
ポイントへ到着すると10人近い方が三脚を並べていて、ご挨拶をして仲間に入れていただきました。猛禽
撮影は大砲レンズが多いと聞いていましたが直径で半分以下のレンズで気後れしながら待つこと10分枝
から飛び出し舞う姿が撮影できましたが何と距離は300m位あり30度位見上げながら撮影するので首の
筋が痛くなる撮影で次の日は「ロキソニンテープ」のお世話になりました。
今回も機材は77EDIIに1.08Xマルチフラットナーを取付けフォーカスはLMF-1でK-3のLV拡大機能を使い合わせま
した。125EDを持っているので使ってみたく仮組しましたが三脚台座がなく手持ちでは無理なので諦めま
した。誰か鏡筒バンドかBORG長玉貸してくれる奇特な方はいらっしゃいませんか?。


撮影機材:BORG77EDII+M75絞り+80φドロチューブ+LMF-1+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1546cc_20150724153007249.jpg

IMGP1569cc_20150724153006cd0.jpg

IMGP1571cc_2015072415300608e.jpg

IMGP1586cc.jpg

IMGP1587cc.jpg

IMGP1519cc.jpg

IMGP1520cc_201507241531479fb.jpg

IMGP1521cc_20150724153146ab2.jpg

IMGP1523cc.jpg

IMGP1524cc.jpg

IMGP1530cc_20150724153311154.jpg

IMGP1531cc.jpg

IMGP1532cc.jpg

IMGP1533cc.jpg

IMGP1535cc.jpg

IMGP1539cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/27(月) 12:03:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2匹目のドジョウを狙いヤマセミ撮影に行ったが・・・・  2015年7月20日(月)

ヤマセミはボウズでカワセミとトビが居た       (BORG77EDII+1.08Xフラットナー)

夜中2時頃集合しポイントに到着したのは4時前で空が白けるのを待って河川敷にテントを張り終え幸先良く
6時頃カワセミが近くの流木に止まりました。その後はヤマセミの定位置の枝にトビがやってきました。
トビはその後ポイント付近を飛び回り時々獲物をぶら下げて通過していきます。その後8時過ぎにはテントの
後ろ側にあったヤマセミ止まり棒を占領し周りを物色中でいつになっても動きません。これではヤマセミが出て
来ないのも不思議でありません。8時過ぎに撤収し「クマタカ」が営巣している場所が近くにあると、川仲間が
下見済みの場所へ移動しました。ところで目的のヤマセミちゃん何処に隠れてしまったのかな?。


撮影機材:BORG77EDII+M75絞り+80φドロチューブ+LMF-1+1.08Xフラットナー+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1410cc.jpg

IMGP1426cc.jpg

IMGP1427cc_20150724151400a12.jpg

IMGP1428cc_2015072415140044e.jpg

IMGP1429cc_20150724151359ef9.jpg

IMGP1430cc_201507241513581a5.jpg

IMGP1433cc_20150724151518870.jpg

IMGP1442cc.jpg

IMGP1454cc.jpg

IMGP1483cc_20150724151516ce5.jpg

IMGP1468cc.jpg

IMGP1469cc.jpg

IMGP1470cc.jpg

IMGP1471cc.jpg

IMGP1497cc.jpg

IMGP1488cc.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/27(月) 05:03:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツミ雛が羽毛が生変わるので真白な毛が宙を舞う  2015年7月19日(日)

自分の抜けた毛が枝に着いて気になり飛ばす       (BORG67FL直焦点撮影)

雛は白い毛が抜け替わり親と同じようになる時期で枝に止まって暇があると嘴で抜いています。その毛が傍の
枝に付着して富んでいかないので、雛は気になって姿勢を低くして嘴で摘まんで飛ばしました。
一部始終が撮影できましたのでアップします。


撮影機材:BORG67FL+M75絞り+ヘリコイドDX+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3
※画面をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
IMGP1120cc_2015072315414394c.jpg

IMGP1122cc_2015072315414252a.jpg

IMGP1123cc.jpg

IMGP1124cc.jpg

IMGP1125cc_201507231541414cb.jpg

IMGP1126cc_20150723154140841.jpg

IMGP1131cc_20150723154249bc9.jpg

IMGP1132cc_20150723154248d36.jpg

IMGP1133cc.jpg

IMGP1134cc_20150723154247fc7.jpg



IMGP1135cc_20150723154246650.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

テーマ:愛くるしく綺麗なカワセミ達 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/26(日) 15:03:00|
  2. 野鳥全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

scarlet

Author:scarlet
愛犬スカーレット(享年17歳)
カワセミ撮影にも助手席に乗り
お供してくれた良き相棒でした。
2012年4月18日永眠

レンズ
BORG
71FL・67FL・55FL・77EDⅡ・45EDⅡ
Nikon
105mm VR Micro f:2.8
18-200mm ED VR f:3.5-5.6
70-200mm ED VR f:2.8
300mm F:2.8D

レジューサー・フラットナー・テレコン
Nikon   TC-16A改造
         TC-14EⅡ
       TC-17EⅡ
        TC-20EⅡ
PENTAX  1.7XF-AFアダプタ-
REAR CONVERTER-A 1.4X-S
自作テレコン(TC-14Bレンズ流用)
BORG   0.7X (7870)
         0.78X(7878)
        1.08X(7018)
        1.04X(7784)
       1.4X (7014)
OASIS-35mmREDUCER DX 0.8X

カメラ
Nikon D300S
PENTAX K-5 K-3 
OLYMPUS E-PL1

Blog開始   2011年7月13日
カワセミ撮影開始2009年11月2日 

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カワセミ全般 (355)
カワセミ雛・幼鳥全般 (361)
カワセミ飛翔他 (583)
躍動的なカワセミ達 (211)
カワセミホバリング (186)
カワセミ水浴(杭も含む) (176)
カワセミ餌を捕獲(飛翔含む) (63)
カワセミバトル(睨合い含む) (62)
カワセミ求愛給餌(給餌含む) (60)
カワセミアップや止まりもの (70)
カワセミ雛への給餌(子育て) (49)
カワセミペリット吐き (25)
雛・幼鳥の水浴や飛翔 (33)
カワセミ交尾 (30)
カワセミ食事中 (19)
雛祭り(親カワセミと雛集合) (17)
カワセミ飛込み枝戻りシーン (15)
カワセミ巣穴の出入り (16)
カワセミ生態パターン (6)
カワセミストレッチ体操 (2)
仲間が撮影した画像 (3)
撮影機材 (20)
引き伸ばしレンズ (2)
BORGアクロマートAF試写画像 (3)
BORGアクロマート改造(玉抜き) (7)
BORGAF化(テレコンAF) (5)
NikonTC-16A改造とEV値 (1)
ヤマセミ全般 (53)
野鳥全般 (120)
カワセミ以外の話題 (27)

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


いつもの川より

カワセミの夫婦日記

カワセミハイスピード

スナフキンのように

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR